1. 社会人が1から英語を学び直しするときの学習の順序

社会人が1から英語を学び直しするときの学習の順序

by maaco
 社会人として英語を学び直ししなければならないと痛感する機会が多く、実際に学習をしてみようと思う人もいるのではないでしょうか。しっかりとした順序で進んでいくことで、学習がスムーズに進んでいくでしょう。ここでは、社会人が英語を1から学び直しするときの順序について紹介したいと思います。



まずは文法から



 社会人が英語を一から、学び直しする時にまず学ぶべき事は英語の文法を覚えるということです。
英語で、自分のいいたい事を話したり、自分の頭で考えた事を書いたり、英語の文を読んで理解したり、相手の言っている事を明確に聞き取るには、やはり、英語の文法を知らないと難しいと言えるのではないでしょうか。
逆に、文法を押さえておくことで、英語を話す、聞く、読む、書くという全てのスキルを向上させることが可能になります。
まずは、
中学生で習う英語の文法を学び直しをしてみましょう。
中学英語の文法を押さえることで、英語の構成の基礎を理解することができるでしょう。

読み書きをすることができる力を付ける

 ビジネスにおいて、話すことや、聞くことは、本当に英語圏に行ったり、取引をするときにしか利用しません。社会人としては、文法の次には英語を読み書きできる力を付けることが必要なのではないでしょうか。読み書きができるようになると、メールなどでコミュニケーションが取れるだけでなく、英語の文献などを読むことが出来るため、ビジネススキルの底上げにも繋がるでしょう。




 ここでは、社会人が1から英語を学び直しするときの学習の順序について紹介しました。まずは文法を押さえ、読み書きする力を養いましょう。そうすることで、きっと社会人としての英語力を高めることができると思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する