1. 新入社員が会議に参加するときの挨拶で気をつけたいこと

新入社員が会議に参加するときの挨拶で気をつけたいこと

by The Library of Congress
 新入社員が会議に初めて参加するときは、緊張してしまうと思いますが、しっかりと、役員や上司に挨拶をすることが求められます。ここでは、新入社員が会議に参加するときにする挨拶で気をつけたいことを紹介したいと思います。

挨拶で言うべき内容

 新入社員が参加する会議は、だいたい社内の会議になると思いますが、そのような場合、新入社員が参加しているということは事前に知らせられているものです。そのため、会議に臨むにあたっての挨拶は短く名前と部署名を述べる程度でいいのではないでしょうか。「○○部の○○です。よろしくお願いします。」というような完結な自己紹介をしましょう。

挨拶に手間や時間をかけ過ぎない

 会議は重要な決定を下す場所でもあります。新入社員の挨拶で時間をかけることも大きなロスになっているということを意識しましょう。抱負や、アピールなどをすると、逆効果となり、会議の進行を遅らせてしまうことにも繋がりますので気をつけましょう。

全員に向かって大きな声で挨拶を

 会議は多くの人が集まる場でもあります。新入社員の評価を下すことができる人も多いでしょう。しっかりと大きな声で、全員に向かって挨拶をするようにしましょう。そうすることで、誠意を持って会議に参加しているということが伝わります。


 ここでは、新入社員が会議に参加するときの挨拶で気をつけたいことを紹介しました。会議の時間をなるべく使わず、相手に良い印象をもってもらうような挨拶ができるように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する