1. 効率の良いSEO対策を行うための基本的な手法とは

効率の良いSEO対策を行うための基本的な手法とは

by Gullspångsmodellen
 SEOとは探索エンジン最適化のことで、SEO対策とは要するに「検索サイトに上位表示させるための対策」のことを言います。検索エンジンはキーワードから検索者が求めているサイトを探して表示しますが、それには順位があります。求めている情報がより近くなるよう、検索者は複数のキーワードを打ち込んで検索をしますが、その時にどうしたら上位に表示されるようになるのでしょうか。

コンテンツを充実させる

 検索者が求めているのは情報です。それも一般的なことではなく、専門的であったり、より具体的で詳しい内容を求めています。ですから、もっとも効率的なSEO対策の手法はコンテンツの充実です。サイトを作る前に、あなたのビジネス分野で注目されているキーワードを抽出します。検索者はどのような情報を求めて検索しているのかを知れば、どんな情報を提供してほしいのかがわかります。そのキーワードの中に、ソーシャルメディアで大きくシェアされているキーワードがあれば、必ず取り入れます。それをもとにサイト内の情報を書いていきます。

 サイトを構築したあと、あれこれページ名を変えたりデザインを変えたりするのも好ましくありません。検索エンジンがキーワードを拾って検索結果に反映させるまでに少しタイムラグがありますから、検索結果とクリック先の表示が違っていてはコンテンツの充実を図ってもSEO対策ができたとは言いにくいのです。

 まずは骨組みをしっかりとさせた上で、サイトの充実化を図りましょう。サイトを作る際にソースの中に検索エンジンにヒットしやすいよう、キーワードを必ず入れます。検索者に対して継続的に良質なコンテンツを提供できれば、自然と「いいね!」や「リツイート」が集まり、多くの注目を集めることができます。さらに、「お気に入りに登録」などの非リンク数が多ければ、検索サイトで上位に表示されるようになります。

SEO対策ツールを使う

 コンテンツが充実しても、注目を集めなければ検索結果に反映されません。誰にも見られないままではサイトの存在意義がなくなってしまいます。そんな時はSEO対策ツールを使うのも一つの手法です。今はオンライン上で無料で提供されているツールがたくさんあります。このツールを使えば、あなたのサイトのSEO対策度を総合診断してくれますし、今後どのような対策を取るべきかまでアドバイスしてくれるものもあります。

 ツールをうまく使いながらコンテンツを充実させ、ユーザー数の多いソーシャルメディアで注目を集めることが、SEO対策としては効率のいい手法と言えるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する