1. 退職するということを同僚に言う時の伝え方で気をつけたいこと

退職するということを同僚に言う時の伝え方で気をつけたいこと

by mrhayata
 退職するときは、上司や会社へ挨拶をすることも重要ですが、同僚にむかって退職をする旨を伝えることも重要になります。ここでは、同僚に退職することを言う時の伝え方で気をつけたいことを紹介したいと思います。

関係を断ち切るようなことはしない

 退職が決まったらすぐに次の仕事のことを考えるとなると、今の会社の仲間との関係を断ち切りたくなるかもしれませんが、ビジネスマンとして、今いる会社との付き合いであったり、人間関係を失うことは大きな損失です。良好な関係を結んだまま退職するようにしましょう。

伝えるのは仲の良い人だけで十分

 わざわざあまり仲の良くない同僚に退職する旨を伝えても、それは意味が有りませんし、噂が立つなどのデメリットもあります。仲が良かった同僚にだけ伝え、他のメンバーや仲間には、伝える必要はありません。

引き継ぎの業務の依頼を

 同僚はあなたと近い立場にいることが多いでしょう。スムーズに引き継ぎに行うためにも退職の旨を伝えるときに同時に、引き継ぎの業務の依頼をするといいでしょう。そうすることで、連携が上手く取れ、引き継ぎ業務がうまくいくのではないでしょうか。


 ここでは、退職することを同僚に言う時の伝え方で気をつけたいことを紹介しました。同僚は会社の仲間であるという意識が強いと思います。しっかりと、退職後も良好な人間関係を結びたいものです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する