1. 面接が苦手な人が参考にしたい質問の仕方とマナー

面接が苦手な人が参考にしたい質問の仕方とマナー

 就職や転職においても、面接が苦手だと感じる人も多いでしょう。ここでは、苦手な人が意識しておきたい面接の上でのポイントについて紹介します。 

面接の様々な形式

 面接には、個人面接や集団面接、グループ面接があります。

 個人面接とは、面接官と自分が一対一で向きあう面接です。(面接官は複数の場合もあります。)このような場合、面接官は時間をかけてゆっくりと相手がどのような人間でどんな能力を有しているのか見ようとします。一対一の場合には安心感が生まれることから気が緩む場合もあるため、言葉遣いには注意を払うことが大切です。また、質問は深いところまで追求されるため質問された場合には正直に答えることが大切です。 

 次に集団面接の場合ですが、このような面接では2人以上対2人以上の形式を取ります。人の意見に耳を傾けたり周囲に気配りしたり、質問に対して正確な返答をしたり面白さをプラスすることが求められます。そして最後にグループ面接の場合です。 

 グループ面接の場合には、面接官2人程度に対して面接する人数は5人以上で行われます。1つのテーマを設け、それについてディスカッションを行うという方式が一般的です。グループ面接においてはコミュニケーション力や積極性・協調性・個性などを面接官がチェックします。 

面接における基本的なマナー

 採用にあたり、面接官は人としての魅力と能力のどちらを重視するかと問われれば、ほとんどは「どちらも重視する」と答えます。そのため、面接の上で最低限のマナーを守ることが必要とされます。 

 面接の上でのマナーとは、きちんとした礼儀正しい服装をしているかどうか、きちんとしたお辞儀を身に付けているかどうか、入退室のマナーは整っているかなどが挙げられます。 

 さらに、面接でよくある質問には事前に回答を準備することが大切です。準備している様子は面接官にも伝わり好印象が得られるでしょう。事前に回答を準備しておけば面接において緊張することもなく、苦手意識を抱え込まずにスムーズに回答することもできます。 

 面接とは、お互いに質疑応答を行うことにより、コミュニケーションを図ったり、その職に対する資質や適合性を判断するために行われるものです。応募者にとって面接は自分自身を最大限にアピールすることのできる場、かつ志望する企業への採用が決まるかどうかの大切な場面だとも言えます。苦手意識のある人でも、以上の点を押さえて面接に臨むことで緊張を解きほぐすことができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する