1. 面接の自己PRの伝え方で気をつけたい3つのこと

面接の自己PRの伝え方で気をつけたい3つのこと

by mrhayata
 自分の良い所をアピールすることができる自己PRの時間は、面接の中でも特に重要な部分と言っていいのではないでしょうか。しっかりとした自己PRをすることが面接の成功のカギを握っています。ここでは、面接の自己PRの伝え方で気をつけたいことを紹介したいと思います。

1. 具体的なエピソードを交える

 抽象的な自己PRでは面接官を惹きつけられませんし、説得力がありません。スタイ的なエピソードがある自己PRの方が、相手はイメージしやすく、より自分のことをわかってもらえるでしょう。具体的な数字や数値を入れ、エピソードを入れて話すようにしましょう。

2. 企業にとって役に立つ人材であることをPRする

 自己PRがうまくいかない人は、企業の立場に立って考えていないことが多いです。自己PRはあなたが会社にとっていかに役に立つかをアピールする場なので、自己PRが自分の自慢話で終わってしまっていないか確認する必要があります。会社にとって、しっかりとアピールになっているかどうかを確認することが必要でしょう。

3. 抑揚をつけて話す

 これはテクニックに近いですが、自己PRを伝えるときは、抑揚を付けて話し、大きな声で話しかけるようにしましょう。そうすることで、相手に関心や興味を持ってもらいやすくなります。


 ここでは、自己PRの伝え方で気をつけたいことを紹介しました。自己PRは難しいですが、伝え方のポイントを踏まえれば必ずできるようになります。採用したいと思われる自己PRをするのも、決してハードルが高いことではありません。上述したポイントを踏まえてぜひ自己PRをしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する