1. 【将来を担う人材を育てる!】新入社員を教育する3つの目的

【将来を担う人材を育てる!】新入社員を教育する3つの目的

by nakimusi
 毎年春には、新入社員が入ってきて、研修や教育が行われる機会があります。ビジネスマンの方の中には、なぜ、新入社員の教育を行うのか考えたことがある人もいるのではないでしょうか。ここでは、新入社員が教育する目的を紹介したいと思います。

1. 社会人としての意識を持たせる

 新入社員はなかなかまだ社会人であるという認識がない場合も多いでしょう。社会人としての自覚を持ってもらい、自分がビジネスマンであるということを認識してもらうというのが、新入社員を教育する目的の1つと言えるのではないでしょうか。

2. 会社として責任を持ってもらう

 新入社員といえども、他社や他人から見れば会社の代表として見られるケースもあります。マナーや礼儀がなっていないと、会社としての評判を落としてしまう場合もあります。会社として恥ずかしくないような行動をしてもらうためにも、新入社員を教育する必要があるでしょう。

3. 将来を担う人材の育成

 新入社員の中には、会社の将来を担う人材が含まれています。将来を担う人材を育て、会社として基盤を固めるというのも、会社が新入社員の教育を行う目的といえるのではないでしょうか。


 ここでは、新入社員を教育する目的を紹介しました。新入社員を教育することは、会社としても、かなり重要なことだということが理解できたと思います。目的を理解した上で教育や指導を行うようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する