1. 最後まであきらめない!面接における逆質問で熱意を伝えるために意識すべきこと

最後まであきらめない!面接における逆質問で熱意を伝えるために意識すべきこと

by woodleywonderworks
 面接では、自分が今まで大学で何を勉強してきたかという「自己紹介」と、その経験を生かして会社で何をやりたいのかという「志望動機」を話します。そして、就職試験で合格するかどうかは、面接試験で決まるといっても過言ではありません。

 しかし、与えられた時間内に全てを話すことが出来ないことも少なくないでしょう。それでも、面接官に自分の熱心さを伝えられるチャンスがもう1つあります。それは、面接の最後に行われる、質問の時間です。ここでは、面接における逆質問で熱意を伝えるために意識すべきことについて紹介していきます。

1. 逆質問で熱意を伝えよう

 逆質問とは、簡単に言えば試験を受ける側から面接官に疑問に思っていることや知りたいことを質問することです。しかし、ただ質問するのでは意味がありません。

 まずは、入りたい会社のことを熟知しましょう。会社案内のパンフレットや、ホームページをよく調べ、自分の疑問点や思ったことは何でもメモして下さい。そして、面接前には、うまく質問できるようになるため、何度も練習しましょう。どういった質問内容であったとしても、しっかりと準備をして臨めば、その熱意は必ず伝わるでしょう。

2. こんな質問は避けましょう

 まず、会社の給与や、福利厚生などの待遇面についての質問はやめましょう。質問する側としては、当然ながら一番知りたいと思いところですが、面接試験で聞くことではありません。あくまでも、仕事の内容に関係のあることを質問しましょう。

 また、面接では、会社の経営方針や経営理念について質問することは避けましょう。就職試験の面接というのは、自分の人間性を知ってもらうためのものです。そういった疑問は事前に調べ自分なりの解釈を作っておく程度に抑え、より自分をアピール出来る質問をしましょう。

 以上が、面接における逆質問で熱意を伝えるために意識すべきことです。本当に入りたい会社があるのなら、どんな状況に置かれたとしてもあきらめてはいけません。最後の一秒まで努力し、少なくとも熱意だけは伝わるような面接を心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する