1. 会社で出世する人に共通する3つの特徴 —— 誰もが可能な「着実な出世」のために

会社で出世する人に共通する3つの特徴 —— 誰もが可能な「着実な出世」のために

by Vvillamon
 会社が組織である以上、必ず誰かはキャリアアップするのです。組織をフラット化する傾向が強くなってはいますが、それでもポジションは存在し、そのポジションを手中にするために複数の社員が競うという構図が変化したわけではありません。

 フラット化された組織ではポジションの数が少ない分だけ、その競争はより激しくなると考えていいでしょう。それでは、出世する人はどんな人なのか。共通する特徴はあるのか。あるとすればどんなことなのか。ここでは3点について説明していきます。

1. ルーティンワークに手を抜かない

 出世の必須条件は、直属の上司の評価が高いこと。もちろん、数値化されるような業績を人より多く積み重ねることも大切ですが、直属の上司が総合的に高い評価をしてくれないことには、出世はおぼつきません。もし出世できたとしても、時間がかかってしまうでしょう。

 それでは上司に高い評価をしてもらうにはどうしたら良いのでしょうか。派手なスタンドプレーで評価を得ることはまず期待できません。「一発勝負」のような仕事をして、それで実績を上げられたとしても、それがすぐに出世に繋がることを期待しないほうがいいでしょう。評価はあくまでも総合的に行われるからです。

 となれば、毎日の地道な努力しかありません。特に、誰でもこなせるようなルーティンワークに手を抜かず、「大切な仕事」と意識してきちんと遂行すること。上司はそういったことを意外と見ているもので「彼は真面目で、信頼できる人物だ」という評価を下すのです。これが、出世する会社員に共通する、第一の特徴です。

2. 後輩、部下から慕われる人柄

 出世は、業績だけでできるものではありません。最後は「人柄」ということに、どうしてもなります。というのも、組織の上に立つ人間は、下の人間から慕われ、「この上司のために全力を尽くそう」と思わせるだけの、人間的魅力が必要だからです。それがチームワークの大前提です。

 また、歴史的な大企業人に共通する特徴と言っていいでしょう。上司からの評価ばかり気にしている人は、部下や後輩から尊敬され、慕われることはあり得ません。上に対してではなく、むしろ下に対する気配りや思いやり、包容力を持つことが、出世のために不可欠の人間的要素なのです。

3. 正確な自己評価ができる

 上司から高く評価され、部下や後輩から慕われるという特徴に加え、正確な自己評価ができるのも、出世する人共通する特徴です。自分を客観的に冷静に評価できないと、身にそぐわない高望みをしたり、根拠のない不満を組織内で抱くことになってしまいます。過大評価でも過小評価でもない正確な自己評価が、出世への道を開いてくれるのです。

 出世する人のほとんどは、この冷静な自己評価が出来ています。「自己分析し評価する能力が備わっているからこそ、自分がすべきことが分かる。その結果として出世する」と言い直してもいいでしょう。


 人と比べてずば抜けて仕事が出来るわけでもないのに、着実に出世する人がいます。そういう人たちには必ず、上記の3つの特徴が備わっています。出世は、何か特別な能力を持った人だけがするものではありません。「どうせ俺は…」と悲観的になるのではなく、まずはコツコツ信頼を積み重ねることから始めてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する