1. 事業計画を立てる際に作成する書類に書くべき項目とその内容

事業計画を立てる際に作成する書類に書くべき項目とその内容

事業計画書に必須の項目

  事業計画書を作る上で、外せない項目はいくつかあります。例えば、事業プラン名です。事業プラン名とはその名の通り事業の名前のことですが、これ一つだけで、何を計画しているのかということが相手に伝わらなくてはなりません。ここで明確にプラン名を提示することで、相手も何の事業なのかすんなりと理解することが可能になります。 

 次に事業内容です。ここでは、どんな市場やターゲットに対して商品やサービスを展開するのかということが問われます。具体的な内容を詳しく説明することが大切です。 

必須項目をより具体化させる項目 

 事業計画書においては、事業内容を裏付けるために様々なことを記載せねばなりません。その1つに競合優位性があります。競合相手はどれだけいるのか、競合相手と競うことはできるのかなど厳密に記載することが必要です。相手との差別化を図るためにも、この項目は必須です。

 次に、市場環境や市場アクセスが挙げられます。市場環境では、市場の規模や競合相手の評価などを提示します。市場アクセスでは、どのように市場にサービスを認知させていくかなどの事業の実現のための方法論を示します。さらに経営プランでは、会社の運営システムについて説明します。仕入れ方法・製品の開発の問題・人員などを項目に入れましょう。

 事業計画書では、リスクとその解決策についても事前に提示しておくことが必要です。事前にリスクを予想しておくことで、そのリスクに対する解決策を準備することができ、先行的に問題の対策を取ることができます。 

 最後に、資金計画も必須になります。詳細な出資の予測や出資繰りの計画を立案します。ここでは資金の調達案なども提示しておきましょう。 
 
 各項目に共通するポイントは、それぞれの内容を細かく具体的に説明するということです。最も伝えたい部分や根拠を示す部分・計画の緻密さを押さえ、事業計画書を完成させると良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する