1. 【失敗しない方法】企業に面接に関する質問を電話で伺う際に意識しておくべきこと

【失敗しない方法】企業に面接に関する質問を電話で伺う際に意識しておくべきこと

by midorisyu
 面接を受ける会社に対して電話をかける機会はあると思います。しかし、うっかりしていると先方からの印象が悪くなってしまう恐れがあるのです。

 面接を受けに行く前に印象が悪くなってしまうのは勿体ないこと。出来れば、好印象を持ってもらいたいものでしょう。では、どのようなことに気を付けて電話をかければ良いのでしょうか?

静かな場所で電話をします

 電話をかける際に、まず意識しておくべきことは「静かな場所」で電話をかけるということです。人の多い街中や、駅のホームなどといった騒音の多い場所で電話をしてしまうと、途中で話が聞こえづらくなってしまい、やり取りがスムーズに進みません。また、電話に出た企業の担当者はあなたのことを常識のない人間だと判断してしまうでしょう。お互いに落ち着いて話せる環境で、電話をかけることが大切です。

話す内容をまとめておく

 企業の担当者に聞きたいことを、まとめてから電話をかけるようにしましょう。いざ電話がつながると気持ちが焦ってしまい、確認するべきことを忘れてしまいがち。何度も何度も電話するのは良くありません。「一緒に働くようになってからも、同じようなことをするのでは?」というイメージが出来上がってしまうからです。

 そのような失敗をしないためにも、メモ用紙を用意しておきましょう。聞きたいこと、確認しておきたいことを書き出してから電話をすれば確認を忘れることもないですし、回答もそのままメモに残しておくことができます。また、先方から新たに何か指示をされたときにもメモに残せますし、電話を切る前にもメモを見て確認しておきたいことは復唱し面接の日時、場所や持ち物などの擦り合わせができるのです。

話す声は明るくはっきりと

 電話では顔が見えない分、声の雰囲気で印象が決まってしまいます。ぼそぼそと聞き取りづらく、暗い声で電話がかかってきたら…印象は最悪でしょう。性格までは分からないにしても、一緒に働きたいと思ってもらえる可能性はかなり低いでしょう。いつもより、口を大きく開け、明るい声で相手に聞き取りやすいようにはっきりと話すことを心がけましょう。そうすれば、良い印象に繋がるはずです。


 以上、面接を受ける会社にかける電話で失敗しないために意識しておくべきことを紹介してきました。ここで紹介したことは最低限のことですが、自分を良く見せようと背伸びするのではなく、まずはここで紹介した基本的なことを意識して電話をかけるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する