1. 【話し方は意識できてる?】電話で面接を申し込む時に意識しておきたい3つのポイント

【話し方は意識できてる?】電話で面接を申し込む時に意識しておきたい3つのポイント

by sekido
 転職活動では、筆記試験や面接試験などがありますが、実はその前の段階、電話で面接を申し込む時から、試験が始まっていることは知っていたでしょうか。担当者は、あなたが面接を申し込むときの話し方や言葉づかいなどで、あなたに社会人としてのマナーが身についているかどうか、敬語を正しく使える人間かどうかを判断しています。電話対応からが面接の始まりと考えて、電話での話し方にも十分注意しましょう。

1. 最初に名前を話し、担当者をお願いする

 まず、電話をかけたときに、最初に採用担当者電話にでるとは限りません。用件を切り出す前に、自分の名前を名乗り用件を話してから、「○○様はいますか?」と担当者をお願いするようにしましょう。担当者が不在、または、他の電話にでているような場合は「折り返しこちらから電話します。」と言います。決して、担当者から折り返しの電話をもらわないようにしましょう。対応してくれた人には、きちんとお礼を伝えてから電話を切ります。

 この時、話が終わったからといって、すぐに電話を切ってはいけません。相手が電話を切るまで待って、切れた音がしてから受話器を置きましょう。しばらく経っても電話が切れない場合は、静かに受話器を置くようにしましょう。話し方も大切ですが、電話の切り方も社会人としての大切なマナーです。

2. 日程調整して頂いたお礼をきちんと伝える

 面接日時は、会社側から指定されるのが一般的となっており、大体2つか3つの候補日が挙げられます。その中から、自分の都合の良い日時を選んで伝えましょう。どうしても候補日の日時すべての都合が悪いときは、自分の方から都合の良い日時を伝えてください。そして電話を切る前に必ず約束の日時を間違えないよう、再度確認するようにしましょう。また電話の最後には、担当者に面接の日程を調整していただいたことのお礼を伝えます。

3. 忘れないうちにメモをとる

 面接を受けようと思っている会社が何社かある場合は、話の内容や面接日時などが分からなくなってしまわぬよう、必ずメモをとるようにしましょう。電話中に簡単なメモをとり、電話を切った後で面接先の会社名や採用担当者、電話で感じたこと、面接日時などを丁寧に書き直すのです。


 電話では、あなたの顔は見えないため、話し方ひとつで印象が左右されます。緊張するかもしれませんが落ち着いて、ゆっくり丁寧に話すことを心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する