1. 転職者の魅力を最大限に引き出す「強み」の書き方

転職者の魅力を最大限に引き出す「強み」の書き方

by paul bica
 転職をする人の多くは、前職での仕事において何かしらのつまずきを感じています。そのため、自分の強みが曖昧になり、履歴書の書き方が分からないのではないでしょうか。ここでは、転職する際の強みの書き方について紹介していきます。

自分の強みを知る

 まずは自己分析を行い、自分の強みをしっかりと知ることが必要なのではないでしょうか。転職者の場合、自分の強みはなんとなく理解している場合もあると思いますが、もう一度本当にそれが自分の強みであるのか検討する必要があると言えるでしょう。

履歴書に自分の強みを書く

 履歴書に自分の強みを書く場合は、その書き方に工夫をする必要があるでしょう。自分の強みに根拠を持たせるために、エピソードを交えたり、具体的な成果としての数字を盛り込むことで、より強みが具体的になり、実際の業務に落としこむことができるでしょう。

企業の行っていることとマッチングさせる

 強みを書く場合ですが、最終的なまとめ方として、企業の業務や、企業理念と自分の強みがマッチングしているということを示し、自分が企業に必要であるということを相手に認めさせるような書き方をしましょう。そうすることで、アピールとしては十分なものができあがるでしょう。


 以上が、転職する際の強みの書き方です。履歴書は自分のことをアピールするためのものでありつつも、読む側の視点に立った書き方をする必要があります。そして、自分を客観的に分析した上で、どのような強みが転職先に受け入れられるのかを想定し、文章化するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する