1. 起業をするために最低限必要だと思われる3つの知識

起業をするために最低限必要だと思われる3つの知識

by Ed Yourdon
 起業を目指すのであれば、様々なスキルを身につける必要があるでしょう。経営者としてのスキルや、企画、営業などのスキルが求められる場合もあります。ここでは、起業をする際に最低限持っていなければならない必要なスキルを紹介したいと思います。

1. 経営者としての知識

 経営者として、チームや会社をまとめることができるような知識は確実に経営者に必要なのではないでしょうか。特に、自分1人で立ちあげた事業でない場合、会社を切り盛りしていくのは大変労力の要ることになります。マネジメントの知識や、上司としての知識を持っていることが、起業家には求められるでしょう。

2. 法律関係の知識

 会社を立ち上げる上で、法律は切っても切れない関係にあります。会社を立てる手続きや、労働関係の問題など、きちんと法律を知っていることで、会社としての最低限の責任を果たすことができるのではないでしょうか。

3. 事業そのものに関する知識

 業界の知識や、そのサービスに関わる知識も持つ必要があります。多くの場合は、事業を始めるときに、競合他社がいないということはありません。しっかりと、相手を分析することができるような知識が重要になると思われます。


 ここでは、起業をするときに最低限持っておきたい、必要な知識を紹介しました。他にも様々なスキルや知識が求められてきますが、まずはここで紹介したスキルを身につけることで、起業のスタートを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する