1. 転職希望者が前職に関する質問を面接でされたときの注意点

転職希望者が前職に関する質問を面接でされたときの注意点

by yt_siden
 転職を希望する人が面接でよく聞かれる質問として、前職の職務内容があげられると思います。しっかりとアピールするためにも、答えるときの内容は決めておきたいものです。ここでは、前職の職務内容について面接で聞かれたときに気をつけたいことを紹介したいと思います。

会社そのものに関する話は自分からはしない

 たとえば「前職について説明してください」というような、抽象的な質問を受けたとしましょう。その場合、会社そのものの説明を詳しくする必要はありません。面接官が求めているのは、会社そのものの説明や職種全般の業務の説明ではなく、あくまで、自分が何をしていたのかということです。具体的に自分が行っていた職務内容について答えるようにしましょう。

前職で得た経験とスキルをアピールすること

 転職の際のアピールポイントとしては、前職での経験やスキルが挙げられるのではないでしょうか。「前職で自分はこんな仕事をして、その経験からこんなことを学んだ」、あるいは「人生に関してこのように考えるようになった。人間関係の大切さを学んだ」というようなことを、できるだけ具体的な例を示しながら、説明するといいでしょう。自分の失敗談も、有効なアピールポイントになります。「その失敗を経験したからこそ、人間的に成長できた、組織人としての自覚を強く持てるようになった」というようにアピールするといいでしょう。転職者にとって、前職での経験は最大の財産です。エピソードを交えながらリアルに伝えることによって、面接官の印象も良くなるでしょう。


 ここでは、転職希望者が前職についての内容を質問された時に気をつけたいことを紹介しました。前職の内容は、基本的に大きなアピールポイントとなるので、話すときにはここで紹介したことを活かして的確に答えましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する