1. 【上司は要注意!】部下が転職を決断してしまう理由

【上司は要注意!】部下が転職を決断してしまう理由

by dorena-wm
 部下が突然辞めたい、転職したいと言い出して困っている上司の方も多いのではないでしょうか。部下が転職を決める理由には、職場の待遇面も含まれていることがあるでしょう。ここでは、上司が気をつけたい、部下が転職を決断してしまう理由を紹介したいと思います。

職場の居心地が悪い

 普段から、あまりコミュニケーションが取れていない、または、上司の言うことに強制力があり、なかなか仕事をする気にならない職場の居心地というのは、転職の理由になることが多く注意したいことです。普段からコミュニケーションをしっかりと取り、自分で仕事を押し付けたり、感情的に怒鳴ったりしないようにしましょう。

仕事にやりがいを感じない

 転職を決断してしまう理由として、仕事として、将来に繋がる、やりがいを感じることが出来ないというのもあるでしょう。部下に単純な仕事や、上から決まった仕事をずっと与え続けていると、マンネリになり、モチベーションも下がります。仕事を振るときは、部下のモチベーションや仕事への思いも重視しましょう。

きちんとした評価を得ることができていない

 自分に見合う仕事や、自分に見合った評価を得ることができていないと感じる場合もあるでしょう。給料などの待遇面はどうすることもできないかもしれませんが、上司からの評価という面では、しっかり部下を見つめなおし、正当な評価を心がける必要があると言えるでしょう。


 ここでは、部下が転職を決断してしまう理由を挙げ、上司としてできることを紹介しました。部下が転職してしまう原因は、もしかしたら上司であるあなたかもしれません。しっかりと、部下に対してコミュニケーションを頻繁に取り、正当な仕事や評価を与えるように気をつけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する