1. 転職して新しい会社に入社する時に気をつけたい服装のマナー

転職して新しい会社に入社する時に気をつけたい服装のマナー

 転職先が決まった人にとっては入社式に出席するのは初めてではないものの、新しい勤め先の社員にとっては初対面です。第一印象はやはり大切ですので、入社初日はきちっとした服装で決めたいものですね。

 新入社員は男性も女性も、カジュアルな格好ではなく清楚なスーツ姿で出社します。具体的には、どんな服装がいいのでしょうか。今回は、服装の注意点について考えてみましょう。

男性の服装

 男性の場合はスーツだけでなく、スーツに合わせるネクタイにもこだわりましょう。自分に似合う色で構いませんが、入社初日ですのでさわやかな明るい印象になる「ブルー系」がいいかもしれません。年齢が上のほうでしたら紺色や茶色でも構いませんが、なるべく光沢があって高級感があるものを選びましょう。

 腕時計は身につけても構いませんが、あくまでも職場用なので派手なものは避けてシンプルなものにとどめましょう。靴は毎日履くことになりますので、多少高額でも自分の足にあった疲れにくいものを選びましょう。就職活動で、かかとが磨り減っていないかどうかを注意してみてみましょう。

 髪型は、色は黒で長さは前髪で顔が隠れない程度にしましょう。また、ワックスの付け過ぎは好印象になりませんので気をつけましょう。

女性の場合

 女性の方も、新卒の場合は就職活動のときに来ていたリクルートスーツで十分ですが、転職入社の場合はいまさらリクルートスーツを着るのは年齢的にも恥ずかしいと思います。清楚な服装であれば、特に問題はないと思います。黒やグレー系の落ち着いたスカートと、ブラウスの組み合わせはおすすめです。ブラウスはデザインがたくさんありますし、おしゃれに品よく着ることができておすすめです。

 靴のヒールの高さは、歩きやすい3センチぐらいのものがよいでしょう。入社式では社長から辞令を頂いたり社内を見学したりなど、初日から人前で歩く場面がたくさんあります。疲れてしまわないように、自分にあった靴で歩きましょう。

 髪型は、清潔感のある髪型が基本です。色は茶色ではく、黒がよいでしょう。髪が長い場合は、落ち着いた色のシュシュやバレッタを使い、後ろのほうでまとめておきましょう。髪が顔にかからないように注意して下さい。

 新生活を再スタートする時はこれから仕事を頑張るぞという意欲にあふれ、1日も早く即戦力になりたいという気持ちでいっぱいだと思います。しかし、日が経つにつれて会社に慣れてくると、そんな気持ちは忘れてしまいがちです。

 「初心忘るべからず」という言葉があるように、入社式で自分が話した言葉を忘れないようにメモしておくとよいでしょう。長かった就職活動がようやく終わり、内定をもらって気が緩みがちですが、入社式には会社の幹部クラスの方も出席し、期待をこめてあなたを見ることになります。もう一度気を引き締めて、晴れの入社式に好印象を演出できるようにがんばってください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する