1. 退職の意思表示をメールで送るときに注意したいこと

退職の意思表示をメールで送るときに注意したいこと

by t-miki
 退職の意思表示を面と向かって初めからするのはなかなか気が引けるという方も多いでしょう。マナーとして、退職の意思表示は、対面でする必要がありますが、まずはメールで、と思う人もいるのではないでしょうか。ここでは、退職の意思表示をメールでするときに気をつけたいことを紹介したいと思います。

件名の書き出しは「ご相談」が無難

 退職の意思表示をするときは、まずは相談するという姿勢を見せるようにしましょう。最終的に上司も会社も、退職の希望を特殊な事情なく却下することはできません。しかし、一方的に退職しますと伝えてしまうと、受け手としては、あまり良い印象を持ちません。そこで、メールでまずは意思表示するとしても、切り口、特に件名の始まりは「ご相談」というスタンスでそれを文字にすると良いです。相談という形にしておくと、その後の対面での意思表示の時も、スムーズに話を進めることができるのではないでしょうか。

詳細まで書きすぎない

 メールで一番怖いことは、意思がねじ曲がった状態で伝わる恐れがあるということです。メールでは、やはり直接話すよりもニュアンスが伝わりにくいのではないでしょうか。詳細まで踏み込んで書くよりは、まず、退職したいという意思を示し、相談という形で、上司に報告に行くのが最適でしょう。もし、事情を書く場合でも、あまり踏み込んだ内容を書くよりも、端的に書き、後に口頭で説明するほうが無難です。


 ここでは、退職の意思表示をメールでするときに気をつけたいことを紹介しました。メールでの意思表示は、まず、口頭で説明する前の段階として有効ですので、なかなかコミュニケーションが取りにくいと感じる場合は、メールで意思表示をしてみるという手もあるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する