1. 上司が新入社員に教えるべき名刺交換に関する基本的なマナー

上司が新入社員に教えるべき名刺交換に関する基本的なマナー

 新入社員の研修では教えなくてはならないことがたくさんありますが、その中でも名刺交換のマナーは、これからのビジネスマンとして仕事をする上でとても重要になってきます。

 取引先や営業先で新入社員の名刺交換マナーがしっかりできていれば、相手からの第一印象はとても良いものになり、会社の教育が行き渡っている印象を与えることもできるでしょう。

 正しい名刺交換の仕方は、すぐにできるものではありません。新入社員には、研修や普段の業務の中で何度も練習させ体に染み込ませることで、自然に正しい名刺交換ができるようになります。ここでは、新入社員に教えるべきポイントを紹介します。

名刺交換をする時の基本

 基本的なことですが、名刺交換を座ったまま行うことは失礼にあたりますので、必ず立って行いましょう。名刺は相手が、字を読める向きで差し出します。また渡す時も受け取る時も、両手が基本です。

 名刺を受け取った時に名前の読み方がわからない場合は、「○○様でよろしいでしょうか。」「どのようにお呼びすればよろしいでしょうか。」など読み方を確認しましょう。後の会話をスムーズに進めるためにも、この時点で確認しておくことが大切です。交換の際には社名や部署名、フルネームを名乗り「よろしくお願い致します」と添えましょう。

 また、相手の会社に訪問した場合は、訪問した側から先に名刺を差し出します。名刺を渡す時は、相手の会社の役職が高い順に渡しに行きましょう。

名刺を渡す時のポイント

 名刺を渡す相手がテーブルを挟んでいた時は、自分が相手側に移動して名刺を渡すようにします。また、相手が差し出す名刺よりも低い位置で名刺を差し出して謙虚さを表しましょう。

 名刺は自分の顔です。汚れていたり折れ曲がっていたりする名刺を渡さないように気をつけましょう。また、名刺をポケットやお財布から出すことや名刺を切らしていたりするのはマナー違反です。名刺が切れそうな時は早めに発注しましょう。予備の名刺入れや名刺を常にカバンや机に入れてくことで、名刺切れや名刺忘れを防ぐことができます。また、名刺交換の前にきれいな名刺が入っているかどうかを確認しておきましょう。

名刺を受け取る時のポイント

 名刺は目下から、または訪問した側から差し出すのがマナーですが、もしも同時に名刺を出してしまった時は相手より先に名刺を受取らないように注意します。この時は両手で名刺交換することはできないので、片手で相手に差し出すことになります。右手で自分の名刺を差し出し、左手で相手の名刺を受取りましょう。

 受け取った名刺は着席後、名刺入れの上に乗せておきます。名刺交換をした相手が複数いた場合は着席順に名刺を並べ、役職が一番高い人の名刺を名刺入れの上に乗せましょう。

 また、打ち合わせや会議などが終わったら、頂いた名刺を名刺入れに入れたままにせずにきちんと整理する癖をつけましょう。整理する際に相手の特長などをメモしておけば、後で忘れてしまったり名前と顔で一致しなかったりということを防ぐことができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する