1. Webサービスを開発する会社が気をつけたい3つのこと

Webサービスを開発する会社が気をつけたい3つのこと

by JD Hancock
 Webサービスを開発した後、起業するという人が多くなってきました。会社を立ちあげてWebサービスを運営するときは、当然、利益を考えなければならないでしょう。ここでは、Webサービスを開発する会社が気をつけたいことを紹介したいと思います。

1. Webサービスの立ちあげにはアイデアが重要

 会社としてWebサービスを開発して収益を上げるためには、当然、多くの人にWebサービスを使って貰う必要があります。多くの人に使ってもらうWebサービスは、アイデアが優れていることが多いのではないでしょうか。人々の生活にイノベーションや発見をもたらすようなサービスであれば、長い間ユーザーに使ってもらうことができ、収益も上がりやすいでしょう。

2. 必ずしも自分たちで全ての開発を行う必要はない

 Webサービスで会社を作ろうと考えるときの障壁が技術的な問題ではないでしょうか。とくに、自社開発をしようとすると、一定のスキルが必要で、余計なコストがかかってしまうこともあります。自分たちのスキルがまだ未熟だと思うところは、外注委託で開発してもらうという手があるということも考えておきましょう。会社を回すためには、早い段階で、サービスを形にして回す必要があります。費用対効果をよく考え、自分たちでどこまで開発するのかを決めていきましょう。

3. 時代の流れを読む

 「ドッグイヤー」という言葉の通り、Webサービスやインターネットの業界は非常に移り変わりが早い業界です。しっかりと時流を押さえて環境に適応しながらサービスを開発していかないと、取り残されてしまうこともあります。むしろ、新しい技術や話題のサービスなどには敏感に反応し、いち早くニーズや流行を掴む必要があるでしょう。


 ここでは、Webサービスを開発する会社が気をつけたいことを紹介しました。Webサービスを開発する上では、アイデアと現実の両立が求められます。きちんと意識して、会社としてWebサービスを運営していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する