1. Webサービスの企画を考えるときに意識しておきたいマネタイズと注意点

Webサービスの企画を考えるときに意識しておきたいマネタイズと注意点

by JD Hancock
 Webサービスを企画するときに意識しておきたいこととして、マネタイズの問題が挙げられると思います。マネタイズを考えないと、収益が見込めないサービスが出来てしまいます。ここでは、Webサービスを企画する時に意識したい、マネタイズについて紹介したいと思います。

マネタイズの中身

 まず、Webサービスの収益モデルは「広告」「ユーザー課金」「物販」の3つがメインと言われています。広告とは、バナー広告などの、顧客が目を通したり、クリックしたりすることで、利益を得ることができるものを指します。ユーザー課金とは、プレミアムサービスなど、付加価値をつけて、ユーザーから金銭を回収すること、物販は、ものを販売することで収益を得る方法です。マネタイズをするときは、どれをモデルとして選ぶのかを良く考え、Webサービスを企画する必要があるでしょう。

マネタイズの注意点 

 マネタイズをするときは、それぞれの方策のメリットとデメリットを比較検討する必要があるでしょう。たとえば、広告モデルでは、広告を付けることは容易ですが、顧客の満足度に影響したり、なかなか収益が得られないという問題点があります。このようなメリットやデメリットを比較検討した上で、Webサービスの企画の際はマネタイズの手法を決める必要があるでしょう。


 ここでは、Webサービスを企画するときに意識しておきたいマネタイズとその注意点を紹介しました。マネタイズは、Webサービスの成功を左右しますので、企画段階から意識する必要があります。しっかりとマネタイズを意識して企画を考えましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する