1. 転職をする際に必要な自己分析に掛けるべき時間

転職をする際に必要な自己分析に掛けるべき時間

自己分析の必要性

 自己分析とは非常に重要なものです。中には自己分析は模範解答を作ることと考えているために無駄なものと考える人もいますが、時間はなるべくたっぷりかけて分析することが好ましいです。自己分析をすることにより、それが本当にやりたい仕事であるかどうか、自分の強みを活かす事ができる仕事であるかどうかを判断するためには、自己分析は大変重要です。

 とはいえ転職の場合、仕事を辞めてから自己分析に取り込むというのでは、普段からじっくりと自分のことを考えている場合を除いて難しいものです。そのため、転職を決めた時点でもう一度自己分析をしっかりとし直しておくことが望ましいです。

 自分の事がよく分かってもいない状態で企業分析をしたとしても、自分にとっての重要な事柄が見つけられない、上辺のみの分析になってしまうことも考えられます。また、憧れや給料に惹かれたとしても、自分のやりたくない仕事が含まれている可能性もあります。自分を新たな会社にしっかりと売り込むためには、自己分析は必須です。

自己分析をする期間について

 転職といえども、やはり人生での大事な岐路に立つという意味でなかなか失敗することはできません。そのためにも、自己分析の時間としては最低半年程は設けておくことがよいでしょう。

 転職するといっても、自分が何をしたいかは現在の仕事や趣味などを通してしか分かりません。さらに、今の会社に就いた時の自分と今の自分との差異を調べることも必要となります。自己分析は会社選びの基盤ともなる部分なので、慎重に行う事が大切です。

自己分析の方法

 自己分析の方法とは、「どのような場合にモチベーションが上がったり下がったりするのか」「自分の強みや弱みはどの点にあるのか」「将来自分がどのような人間になりたいのか」などの項目があります。それぞれの理由を示し、それは何に起因しているのかという結論まで導き出す事も大切です。

 また、結果としてポジティブなものにまとめ上げられる方がよいでしょう。加えて、分析結果を知人や友人、キャリアコンサルタントに見てもらって仕事に活かせるかどうかを客観的に意見をもらいます。そこから、自分で考える自分と他人が考える自分とのギャップを明確にし、強みや弱みを導き出すことで整理し直す事が可能になります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する