1. 退職をする時に気をつけたい書類の書き方のポイント

退職をする時に気をつけたい書類の書き方のポイント

 退職の手続きを行う際には、書類に書いて記入するという事が通常です。ここでは、書類の記入の仕方についてのお話をさせていただきます。

円満退職の方法について

 退職する際には、数ヶ月から1カ月程前までに上司に退職の旨を伝える事が大切です。有給や病気の治療などの件もここで相談しておく事が大切です。加えて、引き継ぎの件についても話し合っておかなければなりません。

 この時点で、退職することを動機や先輩や後輩などに伝えてしまえば混乱が起こる可能性もあるため、退職間際になってから伝える事にしましょう。退職の1か月前から半月前には上司と退職の日程を詰めて退職願を出す準備を整えます。この段階では後任者へのスムーズな引き継ぎのため、自分が担当していた仕事の資料を作ります。また、取引先へ後任者の紹介も兼ねて退職と引き継ぎの挨拶に行きます。

 そして、次に退職願を書きます。退職願と退職届は違うものなので退職願は承認されるまで撤回出来ますが、退職届は撤回出来ないという事がポイントです。その為、通常は退職願を出します。

退職願の書き方について

 退職願を書く際には、無地・縦書き・罫線入り便せんやサインペンを準備します。一行目には「退職願」と書き、文章の先頭には「私事〜」と書く事が通常です。「私事〜」は1行目の「退職願」の文字から一行あけた下部に記入する事が良いでしょう。退職の理由は「一身上の都合」とし、退職日は会社側と話し合って決定した日付を記入します。
 
 退職願の作成日ではないという事がポイントです。「退職願の提出日」と、所属部署名、名前を記入した後には認印を押します。宛名は社長宛てにし、敬称は「様」が無難です。退職願を入れる封筒は白地の封筒を用意し、表に「退職願」と書き記します。裏面左側には自分の所属と氏名を記入します。

 退職日には、会社に健康保険証や会社の身分証明書・名刺・通勤定期券や制服・作業着などを返します。また、会社からは年金手帳や書類をもらいます。書類には、雇用保険被保険者証・健康保険被保険者資格喪失証明書・褪色証明書・雇用保険被保険者離職表・源泉徴収票・厚生年金基金加入員証等があり、手続きを行います。

 退職と言っても、年齢によるものや病気や怪我によるもの、転職によるものなど様々です。手続きは大変煩雑ですが、面倒臭がらずにきちんとこなしましょう。また、一連の業務もきちんと最後までこなし、引き継ぎやすい環境を築いてあげることもマナーになります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する