1. 経営革新の具体的な進め方【企業の成長を促す3ステップ】

経営革新の具体的な進め方【企業の成長を促す3ステップ】

by visualpanic
 現在の経営を見直し、新たな経営にシフトしていく事を経営革新と言います。経営環境の変化が激しくなってきた昨今、経営革新を行わなければならない企業も少なくここでは、経営革新の具体的な進め方について説明していきます。

経営革新戦略の策定

 経営革新を行うのが初めての場合、どのように進めれば良いのか分からない方もいらっしゃると思います。しかし、大きな進め方としては、

1. 経営実態の把握
2. 事業戦略の策定
3. 定期的な状況の管理

 という手順を踏むだけで簡単に経営革新を行う事が出来ます。以下では、具体的にそれぞれの項目につき、言及していきます。

 まず始めに、経営実態の把握ですが、ここではプロジェクトチームの結成とスケジュール管理、決算書の分析評価、そしてSWOT分析を行います。

 次に、事業戦略の策定の段階では、次に展開するビジョンやコンセプトの決定を行い、事業戦略の大枠とします。この段階では、現在の経営実態を踏まえた上で今後のビジョンやコンセプトを再確認することが良いです。ビジョンやコンセプトを設定した後は基本戦略を策定します。この段階では、競争優位に立てるドメインを設定し、また目標の設定を行います。

 これらは経営革新が成功するか否かの重要な項目になるため、きちんと計画を立てましょう。更に、この段階では部門別戦略、計画の策定等も行うと良いでしょう。内容が細かく設定されるばされるほど、経営革新の成功率も高まります。

 最後に管理の段階です。この段階では、環境変化や目的達成状況を定期的にチェックします。チェックすることで、どれ程計画が進んでいるのかの確認にもなります。また、戦略や計画の見直しも必要です。予め立てた戦略が全て上手くいくとは限りません。その為、定期的に改善点も発生してくる事でしょう。計画はタイムリーに見直していくことで、より効果的に発展に繋げる事が可能です。

経営革新における進め方のステップ

 経営革新を行う前には、先ずは現在の事業のスリム化を行います。革新後にコストを移行させるため、経費の削減を行い、必要のない事業の徹底も行います。財務の部分は大変重要なため、財務体質の改善を行いましょう。

 次の段階では、業務の改善、標準化を行い、人事改革がおこなわれます。人事改革では、その人が最も適していると思われるポジションに付ける事が大切。必要があればITシステムを導入するのも良いでしょう。


 これらの過程を経て、新規事業の開発に乗り出します。事業を拡大するために、M&Aや業務提携を行うなど、工夫次第で経営革新はどのような方向にも進める事ができるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する