1. 転職者が入社する前に調べておきたい確認事項 —— 「こんなはずではなかった…」と失敗しないために

転職者が入社する前に調べておきたい確認事項 —— 「こんなはずではなかった…」と失敗しないために

by Thomas Tolkien
  あなたがもし、今の勤め先を辞めて、転職するとしたら、新しい会社に何を求めますか?雇用条件は、何を重視して決めますか?会社に望むことは、独身か既婚者であるかによっても違いますし、性別によっても考え方は異なるでしょう。

 入社してから、「こんなはずではなかったのに…」と失敗しないためにも、新しい会社のことで自分で知りたい確認事項を十分に考えて、まとめておくようにしましょう。例えば、次のようなチェックポイントがあげられます。

1. 年収はいくら位なのか?

 転職するときに、一番知りたい事項は、やはり「自分がもらえる給料の額はいくらなのか」ではないでしょうか?給料の額が多ければ多いほど、それだけ自分が会社で認められているということになり、やる気アップにもつながります。

 この時、基本給だけでその会社に入社するかどうかを決めてしまいがちですが、基本給が高い分、賞与や昇給の額が少ないということもあります。確認するのであれば、年収の額を調べるようにしましょう。

2. 経営が安定している会社なのか

 公になっている会社の情報であれば、インターネットなどで調べられますが、それが全て正しいとは限りません。実際に入社してみたら、経営が不安定で倒産してしまった、ということのないように、業界に詳しい人に聞いたり、業界誌などを読んで情報を集めておきましょう。

3. 勤務先の希望が通るのか

 大体の会社は、勤務地は、あなたの通勤のできる範囲に、あなたを配属すると思います。しかし、ずっと同じ場所に勤務することになるとは限りませんので、勤務地が移動になることがあるのかどうか、また、もしもあなたが移動したいといった場合、意見を通してもらえるのかなどを確認しておくとよいでしょう。



 会社選びは、入社したい会社が、自分の重視している内容に合っているかどうかで決まります。入社する前に、自分だったら、何に一番の比重を置くかよく考えてから転職先を決めましょう。せっかく、意を決して転職したのに、期待はずれで後悔していたのでは意味がありません。

 また、前の職場になかったことや、不満だったことで頭がいっぱいになり、反対に、前の職場でよかったことを忘れていたりしてはいないでしょうか?前の職場のメリットが、新しい職場にも当然備わっているとは思わないように。自分が知りたい確認事項はこれで十分かどうか最後までよく検討し、確認を忘れないように気をつけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する