1. 販路開拓をするために経営革新が必要となる理由

販路開拓をするために経営革新が必要となる理由

 経営革新を行う上では、新たに販路開拓を行う重要性が高いです。販路開拓とは、商品や製品の新たな販売方法や流通チャネルを見いだすことを言い、新たな卸先を見つけることを言います。ここでは、経営革新と販路開拓の関係性についてお話していきます。 

経営革新における新たな販路開拓 

 時には経営革新の要因が顧客開拓である場合もあるでしょう。そのような場合には、経営革新にて販路開拓が大切です。販路開拓では、新規顧客が増えない理由や新規顧客開拓の方法が分からないなど、対象課題を解決する必要性があります。これらの問題を解決する際には、まずその原因が何か考えます。 

 例えば商品がターゲットや顧客のニーズに合っていない、戦略的な展開が出来ていないといった経営方針の徹底不備やスキル向上の仕組みの欠如がみられるなど、足りていない部分を洗い出します。これは、経営革新における分析の過程と重複する事もあると思います。そのため、経営革新と販路開拓は連動して考える事でよりその力を発揮すると考えられます。 

経営革新における販路開拓 

 経営革新において、新規販路開拓を行う事が大切である事は先に述べました。しかし、実際は新規開拓に重きを置いている企業でも新規開拓の成功率は大変低いため、新規に顧客を開拓するには従来以上の時間・労力・資金の面で負担が生じてしまい既存顧客を中心に営業が行われる事が多いようです。 

 しかしながら、顧客は一度顧客になったからと言ってずっと顧客であり続けるというわけではありません。競合他社に移り変わったり、顧客のニーズそのものが無くなったりすることで自社から離れて行ってしまう場合もあります。 

 実際5年間程継続して取引していた顧客の内、現在も取引を継続している顧客の割合を見ると、90%以上を維持している企業は35%程しかありません。新規に顧客を獲得しなければ、顧客はますます減少してしまいます。したがって、経営革新において販路開拓を行う事は決して間違いではない事なのです。 経営革新では、事業を見直すチャンスに見舞われます。販路開拓を行なって新たな顧客層を獲得することを視野に入れなくては、いずれ顧客はいなくなってしまいます。 

 この機会にしっかりと事業を見直し、顧客対策について計画を立てていく事が大切になります。また、顧客の点について以外の事業の見直し点を考慮しながら、無理なく改革を進めていく事が事業成功への近道になります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する