1. 経営者が会社経営をするにあたって幅広い知識が必要となる理由

経営者が会社経営をするにあたって幅広い知識が必要となる理由

 経営者は多大な知識を必要とします。しかし、なぜ経営にはそれほど幅広い知識を求められるのでしょうか?ここでは、経営者が知識を要する理由についてお話しします。

経営者には幅広い知識が必要

 経営者は組織経営について責任を持つ人の事を言います。そのため、経営者は企業でも大変重要なポジションに位置している事が言えます。そして、大抵経営で失敗する人間は「知らなかった」という理由で起こっています。

 経営者になるならば、誰もが色々な方法で経営を勉強しているものです。真面目で責任感の強い人であればある程一生懸命勉強しようとするでしょう。経営に関する本を読んだり、セミナーに参加したり、実際に経営者の背中を見ながら現場で学ぶという方法を実践している場合もあります。

 しかし、そのような方法で得た知識については実際経営者の立場に立たされた時に多くのことは役立ちません。その為に正確な、現実的に役立つ知識が必要になります。上記のように、経営者が失敗するのは知識が偏っているからです。そのためにも、数々の視点から柔軟な幅広い知識を取り入れる事は事業をする上で必要なのです。

実際に動いて初めて学習した知識が生きてくる

 知識を確実に増やす方法として有効なのが、実際に行動することで知識を増やすという事です。実際に行動して得た知識と誰かに教えてもらった知識の質は全く異なります。

 確実に知識を習得したいのであれば、まず自分が行動することによって本物の知識を得なければなりません。本物の知識は、様々な人との関わりや経験により生まれます。また、知識だけ学ぶよりも確実に自分の身についていきます。

 経営者の役割には、経営理念や企業理念の策定・経営戦略の立案(どのように経営資源を集めそれを何に使い、何によってどのように分業協力し合う組織を作り上げるか)・後継者の育成等があります。その為、知識を取り入れるのであれば、金融市場や出資法、市場調査、財務諸表分析や人材マネジメント、不動産取引市場、倫理哲学、人間行動心理学、経済学、空間マネジメント、色調管理、組織論、人事評価制度、契約民法、商法、労務デザインなどを学ぶ事が良いです。

 しかし、経営していくことを通してしか手に入らない知識もあるため、両立して知識を習得していくことで様々な事を学んでいく事ができます。知識はあればある程、経営の成功の手助けにもなる事でしょう。そのためにも、幅広い知識を得る事は決して無駄ではありません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する