1. 新入社員教育の一環としてマニュアルを覚えてもらうための方法

新入社員教育の一環としてマニュアルを覚えてもらうための方法

by sekido
 マニュアルがある仕事の場合、新入社員の教育では、まずマニュアルを覚えてもらうところから始める必要があるでしょう。しっかりとマニュアルを新入社員に覚えさせるためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。ここでは、新入社員にマニュアルを覚えてもらうための方法を紹介したいと思います。

こまめに回数を分けてノルマにする

 単に手渡して読むように言ってもなかなか新入社員は読んでこないでしょう。義務感を与えるとともに、読み進めることができる工夫をしましょう。こまめに区分を分け、「いつまでにここまでのページを読んでおくように」という形で指示をするといいでしょう。こうすることで、マニュアルをしっかりと読んでもらうことができるでしょう。

マニュアルに関連したテストを行う

 マニュアルを読んでもらうために、テストを行う方法もあります。テストは、筆記試験や、実際の研修の中で、マニュアルと同じような内容を行い読んできたか調べるという方法もいいでしょう。こうしたテストをすることで、読まなければならないという意識が生まれ、しっかりとマニュアルを読んでもらえるでしょう。


 ここでは、新入社員の教育の一環として、マニュアルを読んでもらうための方法を紹介しました。マニュアルを単純に読むことはなかなか根気のいることです。ここで紹介したような方法で、しっかりと読んでもらう工夫をしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する