1. 新入社員が会議に参加するときに気をつけたいマナー

新入社員が会議に参加するときに気をつけたいマナー

by kevin dooley
 新入社員の方は、会社の中で多くのことを学ぶ必要がありますが、会議に参加するときのマナーを覚えておく必要があります。ここでは、新入社員が気をつけておきたい、会議に参加するときのマナーを紹介したいと思います。

よく観察して話を聞く

 会議に参加するときは、まず、発表者の話をきちんと聞くということが必要になります。発表されている内容を聞くようにしましょう。新入社員の場合、プレゼンなどは、なかなか会議で発表する機会は少ないと思いますが、まずは、見ることで、会議の作法を学ぶと良いです。参加する者として、最低限守りたいのは発表や話の邪魔をしないことと、真摯に話を聞くことですので、最低限のマナーとしてその点には気を付けてください。

意見や考えをまとめる

 会議では、意見や考えを言う機会があります。話を聞いて、疑問に思う部分や、意見として言いたいことをまとめておきましょう。発言する機会が無い場合もありますが、しっかりと考えをまとめておくと、今後の会議の参加の場合に役に立ちます。発表や発言をすることが会議のマナーだという場合もあるので、そういう場合は自分の考えをしっかりとまとめて発言するようにしましょう。


 ここでは、新入社員が会議に参加するときに気をつけたいマナーについて紹介しました。新入社員とはいえ1人の社会人だということをしっかりと意識して、マナーを守り会議に参加するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する