1. エンジニアとしての知識を手に入れることで起業家が得ることが出来る3つのメリット

エンジニアとしての知識を手に入れることで起業家が得ることが出来る3つのメリット

by Digo_Souza
 アメリカのシリコンバレーでは、エンジニア出身の起業家が多くいることが知られており、日本でも、エンジニア出身の起業家が増えています。ここでは、起業家がエンジニアの知識を得るメリットを紹介したいと思います。

1. 商品やサービスに直接関わることができる

 経営者としての目線から見ると、エンジニアの知識を付けることはメリットがあまり無いように思えますが、作っている商品やサービスに直接関わるためには、エンジニアとしての知識が必要になります。経営という観点だけでなく、商品やサービスを大切にすることができ、顧客の満足度も高まるでしょう。

2. エンジニアの採用が有利に

 スタートアップでは特にそうですが、エンジニアの採用に経営者が直接関わる場合もあるでしょう。そうしたときに、スキルのレベルを知るためにエンジニアのスキルや知識があると良いでしょう。優秀なエンジニアを獲得することが、起業の成功を左右することもあり、エンジニアの知識を習得していると、起業の成功確率も高まるのではないでしょうか。

3. 先行事業がしやすい

 Web業界で起業する場合、言語やサービスの流行りや、流行するデバイスに合わせたビジネスをしていく必要があります。逆に対応できなかった場合は、企業として淘汰されてしまう場合もあります。先行事業がしやすくなるというのもエンジニアの知識を身につけるメリットと言えるでしょう。


 ここでは、起業家がエンジニアの知識を身につけることで得られるメリットを紹介しました。エンジニアの知識はこれからの起業家に必須の知識になるかもしれません。しっかりと知識を蓄えておくことで起業の成功に近づくことが出来るでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する