1. 「洋楽」を用いて英語の練習をする際に覚えておきたい3つのコト —— 音楽を使った勉強法

「洋楽」を用いて英語の練習をする際に覚えておきたい3つのコト —— 音楽を使った勉強法

by kevin dooley
 英語を楽しく学んでいくためには、洋画のみならず「洋楽を聴くこと」も1つの良い方法と言えるでしょう。日本人でも洋楽アーティストのファンはたくさんいます。英語を勉強していて、なおかつ洋楽が好きという人は、ここで紹介するポイントを押さえておくと良いでしょう。

1. 歌詞を見るのはあと

 洋楽にも歌詞が存在します。洋画やラジオの場合、スクリプトを見ながら音を聞くことが推奨されますが、洋楽で英語を練習する場合では最初に歌詞を見るべきではないでしょう。

 英語に不慣れなまま、洋楽を聴く際に歌詞を先に見てしまうと、途中でフレーズを見失い「今どこ歌ってるの?」と迷子になってしまいがち。そのため洋楽を聴く場合は、歌詞を見るより先に、なんと歌っているのか理解することが重要。ある程度フレーズが頭に入ってから歌詞を見ると「あっ、この部分を落としてるんだな」とわかるようになります。

2. 意味を考えるのは二の次

 音だけでフレーズを頭に入れている際、意味を考える必要はありません。それよりも先に、実際になんて言っているかはわからなくても、聞こえてきた音を口から出せるようになることが重要です。人間は、自分の口から出せない音は雑音として認識してしまいます。歌詞の意味はとりあえず置いておいて、音だけ聞いて歌えるようになると、「もしかしてここってこう言ってる?」と少しずつわかるようになってくるでしょう。歌詞を使うのは、何も見ずに歌をだいたい歌えるようになってからです。

3. 歌詞の意味を考えながら聞く

 曲を聴くだけで、だいたいフレーズが歌えるようになったら、次は歌詞の意味を考えながら曲を聴くようにしましょう。ここで大事なのは曲を聴きながら「英語→日本語」の変換をしないこと。歌詞の意味をイメージとして思い浮かべながら曲を聴くのです。

 歌詞の中の単語を日本語で調べるのはOKですが、それを文章にしようと頭の中で並べ替えるのはいけません。また、邦楽と同じように洋楽でも、歌詞は倒置が用いられていたりと普通の文法とは違うところが多いです。正直に訳そうと思っても難しいというのが事実。そのため歌は歌だと割り切って「なんとなく」イメージすることも1つのポイントです。


 以上、ステップごとに洋楽を聞いて英語の練習をする際のポイントを紹介してきました。楽しみつつも、練習の効果を高めていくためにも、ここで紹介したことを意識しつつ練習に取り組むと良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する