1. 就職・転職面接の時に面接官にやりがいを聞くときの逆質問の仕方

就職・転職面接の時に面接官にやりがいを聞くときの逆質問の仕方

 就職・転職試験において、面接はとても緊張するものです。自分が対峙するのは紙ではなく、何を聞かれるか分からない人間相手だからです。
 
 しかし、この面接を利用して企業に対して自分のやる気やアピールを行う事も可能です。その一つの方法は、面接官に逆質問をする事です。



逆質問する時のタイミング

 面接で、相手から質問を受けている最中にこちらから「お聞きしたいのですが〜」と始めるのは非常に失礼です。やる気を見せたいのかもしれませんが、かえって仇となる場合もあるので避けましょう。

 面接の最後に「何か聞いておきたい事はありますか?」と企業側が聞いてくれる事が多いと思われますが、この時に質問するようにしましょう。



逆質問する時の言葉遣い


 あまりにも丁寧過ぎる言葉遣いは、かえってぎこちない印象を与えます。「先ほどおっしゃられていた〜」とまでは言わずとも「先ほど話されていた〜」という程度で問題ないでしょう。

 また、面接での質問に答える時もそうですが、こちらから質問する時でも「あの~」「その~」という言葉を入れる事は控えましょう。癖で言ってしまう人もいるでしょうが、面接までにそれは練習して直しておいた方が良いです。



「やりがい」を逆質問する時


 やる気をもってその会社に入ろうとして面接を受けているわけですから、こちらからやりがいについて尋ねるのは、本末転倒な気がするかも知れません。ただ、やる気を強く持っている方がその会社に入社出来て、実際に仕事を始めてみた時に感じる現実と予想の違いというのは、自分の中で消化していかなければなりません。

 求めているやりがいと得られるやりがいが違う事が分かっているのであれば、あまり長続きはしない可能性のある会社に入る事はお互いにとって不利益となります。そのため、入社してからのやりがいを確認する事は悪いことではありません。

 気を付けなければいけないのは、その質問の仕方です。自分が企業の人事担当だった時に、どう聞かれたら気分を害さずにいられるかという事を考えましょう。たとえば、「御社のキャリアアップ制度はどのようなものですか?」と聞けば、どのような目的でやりがいが持てるかが分かるでしょう。ただし、キャリアアップ制度自体が無い会社も存在します。その様な場合は「御社が一番力を入れている事業は何でしょうか」と聞いてみても良いかもしれません。

 当然ながら、それに関わる事だったらやりがいが持てるかもしれないという事が分かります。この時にすんなりと答えてくれれば良いのですが、「あなたはどう思っていますか?」と質問に質問を返されたら、自分がその会社の一番の売りだと思っている事を正直に答えておきましょう。企業と自分に相違があるなら教えてくれるでしょうし、教えてくれずに「そうですか…」で済まされただけだとしたら、うまくはぐらかしたという事になります。

 逆質問をする時は、タイミングやその質問内容など気をつけるべき点は多々あります。悪い印象を与えないようにきちんと気を付けて、自分の聞きたいことを聞けるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する