1. 初めての面接での失敗を避ける対策

初めての面接での失敗を避ける対策

by 太駿 ✖ 艸名人壬
 人間は誰でも初めてのことはうまくいかないものです。それは面接でも同じです。そして大体失敗します。多くの場合はアルバイトの面接が先に訪れるでしょうが、学生の就活や転職の面接でも予想外のことに直面し大抵はうまくいきません。テストや試験であれば、勉強して対策をたて努力次第でとてもスムーズに突破することができます。
 
 しかし面接は、面接官や会社が欲しい人材を見抜くために実施する試験ですから、事前に予習可能な問題集などはありません。しかしそれでも多くの人がやってしまう失敗やそれに対する対策もあるはずです。

初めての面接における失敗

 対策が可能であるにも関わらず、つい行ってしまう失敗もあります。携帯電話をマナーモードにし忘れたり、勝手に椅子に座ったりなど常識的な行為ができないことがまず考えられます。志望動機を言えない、会社の事業内容などの基本的な質問に答えられないなどは面接の中での失敗です。

 何と言ってもはじめての失敗で多いのは、面接会場に辿りつくまでの間です。面接の約束をしたが事前に調べてくるのを忘れて会社の場所がわからず遅刻してしまったり、時にはそのまま面接に行かなかったりというのが初めてあるが故の失敗です。

対策方法

 初めての面接で失敗するのはある程度仕方のないことです。失敗してしまうのは何よりも経験がなく知識がないからです。それをカバーするのは先輩のアドバイスです。

 家族や友人など、事前に教えてくれる身近な人にレクチャーを受けることが初めての面接をスムーズに突破する一番の対策方法でしょう。もしもあなたが親で子供がはじめて面接に行くというときは、あらかじめ失敗しそうなことをアドバイスして面接官に質問されるであろうことを教えてあげましょう。またあまり年が離れすぎているよりはある程度年の近い先輩などの意見も参考にしましょう。

まとめ

 だれでも初めての面接は失敗してしまいがちなものです。何事もスムーズにうまくいくということは決してあり得ないし、もし初めての諸問題を簡単に突破しても後々大きな挫折をしてしまうでしょう。しかし成功して悪いということはありません。たとえ自分の力だけでなくても、それを支えてくれるなにかがあったからこそ成功しているのだと自分を戒めればきっとそのあとの失敗にも対処できるはずです。初めての面接を失敗しないためには、家族や友人のアドバイスが一番の特効薬です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する