1. 意識しよう!仕事でミスを繰り返してしまう3つの要因

意識しよう!仕事でミスを繰り返してしまう3つの要因

by Ed Yourdon
 仕事をしていると、何かミスをした後で、同じことを繰り返す人もいれば、二度と繰り返すことの無い人もいます。両者の違いとは、いったい何なのでしょうか。もちろん、ミスをして怒られて、もう二度とするまいと誓っていてもついつい繰り返してしまう人もいます。つまり、気持ちの問題ではないのです。

 具体的に何かを行っていることで、その差を生み出していると考えられます。そこで今回は、仕事でミスを繰り返してしまう要因について紹介していきます。


1. 気をつけようで済ませてしまう

 
仕事で同じミスを繰り返してしまうのは、簡単に言えばミスしたことを忘れてしまうからです。ただ、全てのミスを忘れてしまうわけではありません。強烈に印象に残っているものは、知らず知らずのうちに避けることを意識しているはずです。つまり、繰り返すミスに関してはあまり意識することがないと言えます。それをいかに普段の仕事において意識するようにするかの対策を立てていないことが要因の一つなのです。


2. 具体的な対策を立てない

 
同じミスをしないようにと意識することがないのであれば、それをどのように忘れずにいるかを考えなくてはなりません。単に気をつけようだけでは、忘れていることにさえ気がつきません。

 となると、普段からこまめにどんなミスをしてどう対処すればよいかを目にする必要があるということです。それを習慣にしているかいないかが、要因の一つとなります。


3. 原因を突き止めない

 
ミスの原因が何かということを、分析したつもりでも、実際には分析できていないことが同じミスを繰り返す要因となっていると言えます。

 例えば、チェックすべきところを忘れるといったことなら、忘れないようにしよう、だけでは不十分です。忘れることが原因ではありません。忘れないために何をすればよいのかの対策を立てていないことが原因なのです。つまり、原因を掘り下げていって、確実に実行できる因子にまで分析できていないことが、最大の要因とも言えます。

4. まとめ

 
同じミスを繰り返す要因さえ把握できれば、ミスを減らしていくことができ、その結果仕事に余裕が生まれてより良い仕事ができるようになります。つまり、好循環になるわけです。

 そのためには、最初はそこまでの余裕は無いと思いがちになりますが、とにかく原因の解明と対策を立てることが大切です。ただ単に気をつけるということではなく、具体的に行動できるところまで深く掘り下げて、かつ習慣として定着させることが大切です。

 習慣づけることさえできれば、あとは次第にミスは減っていくことになります。ほんの少しの気づきで大きな差が生まれてくるわけですから、きちんとミスを繰り返す要因を把握しておきましょう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する