1. 英語が苦手な人が「短期留学」で成果を出すためにすべきこと

英語が苦手な人が「短期留学」で成果を出すためにすべきこと

by LeafLanguages
 「海外へ短期留学すれば英語への苦手意識がなくなる」と思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、ただ単に行くだけでは何も変わりません。さらに、
短期留学にもお金はかかります。最近では、安くて近いと言われているフィリピンへ英語語学留学をする人が増えていますが、それでも月額10万円はかかっています。


 せっかくお金をかけて行くのですから、必ず成果を出さなければいけません。そこで今回は、英語が苦手な人が短期留学で成果を出すためにやるべきことについて紹介します。



短期留学の前にやるべきこと


 最低でも中学校レベルの英語の文法を復習しておくことが大切です。自宅に教科書が残っていれば、それを復習することで短期留学がより効果的になります。
教科書が手元にない場合でも、書店やインターネットで中学校英語の参考書類がたくさん見つけられるので活用して下さい。

 
この他にも、やっておくと効果的なことがあります。それは「オンライン英会話」での英語の学習です。
インターネットを利用した「オンライン英会話」が最近では低価格で提供されているのでトライしてみましょう。

短期留学中にやるべきこと

 英語のレッスンには、グループレッスンとマンツーマンレッスンがあり、この2つをミックスさせたレッスンがほとんどです。
これまでの中学校や高校での授業では、先生が話し生徒はそれを聞いているのが普通ですが、英語のグループレッスンの場合では「どれだけ人前でたくさんの英語を話しゃべるか」と意識することが大切です。

 
英語の苦手意識を克服するためにも、授業を「受け身」で受けるのではなく、「参加する」という意識を持って積極的に英語を話すようにしてください。

先生が話している内容がわからなければ積極的に質問をする、先生より質問があった場合には積極的に手を上げて回答する、という意識をもって参加してみましょう。

 以上が、英語が苦手な人が短期留学で成果を出すためにやるべきことです。英語が苦手な人は短期留学に行く前にもしっかりと勉強し、そして短期留学中には積極的にレッスンに参加することで英語に対する苦手意識を克服していきましょう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する