1. 仕事上のミスを減らすために意識すべきポイント4つ

仕事上のミスを減らすために意識すべきポイント4つ

by Alan Cleaver
 ミスを犯さない人間なんていません。しかし、仕事上でミスばかりをしていたのでは非効率ですし、周囲からの信用も失いかねません。日頃から、仕事上のミスをいかに減らせるかを意識することは、とても大切なことです。

 今回は、仕事上のミスを減らすための4つのポイントを紹介していきます



1. 成果物は提出前に必ず見直しチェックする

 

至ってシンプルな方法ですが、ミスを防止するために最も初歩的かつ有効な手段です。見直しチェックは、少々面倒かもしれませんが、後でミスが発覚して、やり直しをする手間を考えれば、僅かな労力でミスを防ぐことができます。

 自分の成果物を提出する前には、必ずセルフチェックをするように心がけましょう。上司に指示判断を仰ぐ際に、計算ミスや誤字脱字などのケアレスミスのチェックばかりさせるのはやめましょう。

2. 期限にゆとりをもって仕上げる

 

例えば、上司から「15日までに仕上げてほしい」と頼まれた書類があるとします。15日までに上司に提出する期限を守るのは当然のことですが、15日ぎりぎりに仕上げていたのでは、見直しチェックの時間を設けることができません。

 セルフチェックするために時間も考慮して、早めに仕上げるように心がけましょう。提出前に一度セルフチェックすることで、少なくとも誤字脱字、計算ミスといったケアレスミスはかなり防止されます。また、上司から手直しするように指示があった場合も、ゆとりを持って対応ができます。



3. ミスを防止する仕組みを取り入れる

 

仕事のミスを防止するためには、個人の取り組みだけでは完璧とは言えません。上司や業務に精通した者による、ダブルチェック、トリプルチェックも重要です。自分では気がつかなくても他人の目でミスが発見されることも多いのです。重要度の高い案件ほど、このようなチェック体制を厳重に構築する必要があります。

 業務上のミス防止策は、企業組織のリスク管理といった側面からも、必要不可欠です。組織内に監査部門やチェックの責任者を設けたり、機器によるシステムチェックを導入するといった取り組みが挙げられます。また、ミスが発生した場合は、再発防止策を講じることも、組織としては忘れてはなりません。



4. 心身ともにコンディションを整える

 

睡眠不足や不規則な食事を続けていると、体調に影響してきます。疲労が蓄積してくると仕事上でミスが発生しやすくなるのは科学的にも裏付けされています。仕事やプライベートも含めて、何か心配事を抱えていたり悩みや不安といったストレスを抱えていると、業務に集中できずミスを犯してしまうことよくあることです。

 人的ミスを防止するためには、健康管理も大切です。睡眠時間の確保、バランスのよい食事、ストレス解消など、心身のコンディションを整えることも、ミス防止には大切なことです。



 以上が、仕事上のミスを減らすための4つのポイントです。ケアレスミスばかりしていては何の成長も出来ません。そういったことは出来る限りなくし、仕事に取り組んでいきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する