1. 独立して仕事を成功させるために抑えておきたいポイント

独立して仕事を成功させるために抑えておきたいポイント

by © Ahmed Amir
 経営者としての人生は明るく派手で、楽しそうに思えたとしても、現実はそんな経営者ばかりではありません。実質、経営に苦しみ、開業から3年後までに廃業に追い込まれる会社は6割以上と言われています。今この瞬間もどこかで経営者たちが頭を悩ませています。今日これから開業する皆さんに紹介するポイントは、3つです。しかしこの3つのポイントこそが、経営者人生を決する最も重要な事だというのは間違いありません。しっかり頭に入れて、常に慎みを忘れず、大きな成功を手に入れましょう。

初期投資はなるべく抑える

 まず開業に必要な経費ですが、なるべく小さく抑えましょう。もちろん、使うべきところには使わなければなりませんが、無駄遣いは絶対にいけません。とくに独立時は気が大きくなり、ついついあれこれ買ってしまったり、見栄をはったりしてしまうものです。

 例えば事務所を借りるにしても、利便性以上の求めてはいけません。オフィスを賃貸すると毎月家賃が発生しますので、仕事の少ない開業当初には特にきつい負担となります。見栄や外聞は捨て、出来るならばオフィスを借りないで仕事ができないか、と言う事まで検討するべきです。とにかく財布の紐はぎゅっとしめておくことが成功の秘訣です。

少なくとも顧客リストは作っておく

 あなたが独立した時に、確実に顧客となってくれる人はどれくらいいますか。その人たちはどのくらいの頻度であなたに仕事をくれるでしょうか。一回だけ、または半年に一度だけだとしたら、かなり厳しい経営になるでしょう。新規顧客はそう簡単に捕まえられるものではありません。宣伝や広告の費用は馬鹿にならないくらいかかるということを肝に命じなければなりません。そうでなければ、成功は難しいと言えます。今まずやるべきことはあなたが今掴んでいる顧客リストに載っている人たちを大事にすることです。そして独立した時に確実に稼げるのはどのくらいなのかということを計算する事が必要です。

経営者であるという事を常に意識する

 今まで会社で活躍してきた、言わばスター社員の独立などの際によく問題視されるのが経営者意識の低さです。サラリーマンと経営者の考え方は全く違います。これまで上司の求める成果だけを追い求めていた人は、一から考えを改めてください。

 これから考えるべきなのは、評価されることではなくて、どのようにしたら一円でも多く稼げるか、ということです。経営者は羨ましがられる事や妬まれる事はあっても、誰も褒めてくれません。自分の力だけを信じつつも、客観的に自分と自分の経営を分析しなければなりません。それはある意味孤独な事です。しかしその意識こそが、あなたの会社に利益をもたらしてくれるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する