1. 海外からの電話を折り返しするときに役立つ英語の使い方

海外からの電話を折り返しするときに役立つ英語の使い方

 海外から自分宛てに電話があった場合、席をはずしていたら折り返し電話をすることになりますが、折り返し電話した際の英語での正しい話し方はご存知でしょうか?

 日本語では「~さんよりお電話があったようなのですが」や、「~さんより折り返しお電話をするよう伝言があったのですが」と話しますが、英語では何と話すのでしょう。今回は、英語で電話が来た場合の折り返し電話の仕方をお話します。

相手の名前と電話の内容を用意

 まず、折り返しの電話をかける相手の名前と大体想像がつけば電話の内容を把握し、出来ればパニックになったことを想定して見えるところに書きとめておきましょう。

 意外と英語を話すことに舞い上がってしまい担当者の名前などを間違える人がいますが、自分の名前を間違われることを彼らはとても嫌います。間違えたり忘れたりしないように電話の横に書いて置いておきましょう。

取り次いでもらうには

 電話をして本人が出ればそのまま話を始められますが、他の人が出た場合は”Hello, This is 〇〇 from ABC company.”と、あなたの名前を名乗ります。そして、”I’m returning a call from Mr.Smith.”(スミスさんの電話を折り返しています。)と、折り返していることを伝えます。

 この文章は繋げることもでき、その場合は”Hello, This is XXX from ABC company, returning Mr.Smith’s call.”と一文で表現することも可能です。その後”May I speak to him/her please?”(スミスさんはいらっしゃいますか?)もしくは”Is he/she available/in.”(スミスさんはお手すきですか?)と言い取り次いでもらいます。

 かかってきた電話に対してかけなおしますという表現として「”’ll call you back later.”(後でかけなおします)のように「call back」という語句を使う場合が多いですが、かけ直す側がこの表現を使うことはありません。かけ直す側は”return one’s call”(折り返す)の表現を使います。実際に電話する際は、現在進行形にして”I’m returning one’s call”となります。

 本人が電話口に出ましたら”I’m returning your call.”(電話をいただいたようで)と伝え直接本題に入るのもありですが、ひとこと”Sorry, I wasn’t available to answer your call before.”(電話に出られなくて申し訳ございませんでした。)と一度言っておくことも礼儀として良いでしょう。

本人が不在の場合

 折り返し電話したのに相手が不在だった場合は、再度連絡を取る方法を提示する必要があります。”Could you please tell him to call me back?”(折り返し電話をしていただくように伝えていただけますか?)というのがよいでしょう。

 色々考えていても、いざ電話をして相手が出ると舞い上がって何を伝えたらいいかわからなくなってしまうものです。電話をかける際はよく文章を考えてどこかに書きとめた上で相手に連絡することをお勧めします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する