1. 【迷ったらこれを!】面接で逆質問をする際の定番の質問

【迷ったらこれを!】面接で逆質問をする際の定番の質問

by bpsusf
 面接とは、基本的には面接官から質問をされて答える場です。
しかし「最後に何か質問しておきたいことはありますか?」と逆に面接官から質問された経験がある方も多いのではないでしょうか。


 このように候補者に逆質問をさせる面接スタイルはもはや定番となっています。
終わり良ければすべて良しという言葉があるように、面接の最後は肝心。
逆質問をどう乗り切るかによって、内定を貰えるか否かが決まるかもしれません。
今回は、面接で逆質問をする際の定番の質問を紹介していきます。



1. 「入社までに学んでおいた方が良いことはありますか?」


 内定を貰うができた場合を想定して、入社前にしておくべき準備を問う質問です。
現在持ち合わせている自分の知識・実力・経験だけで満足することなく、
さらなるスキルアップを目指す姿勢が感じられるため、面接官に好印象を与えるでしょう。
企業は向上心のある人間を求めています。
内定をもらってから入社までの期間を、ただ遊んで無駄に過ごすだけの人間よりも、
自分を磨くための勉強をして有益に過ごす人間の方が、面接官の目には魅力的に映ります。


 ただ、このような質問をする際には、すでに内定をもらった気でいると勘違いされないように、
「もしも内定がいただけた場合には~」などの前置きをすることが大切です。



2. 「面接官の方々にとっての、御社の魅力とは何ですか?」

 
候補者が志望動機として語った企業の魅力を、面接官に聞き返す質問です。
企業の魅力とは、外から見るのと中から見るのとでは想像以上に違った答えになるもの。
十分に企業研究を行っていたとしても、やはり入社するまでに詳しく知るのは難しく、
実際にその企業で働いている人間にしか分からないことはたくさんあります。
入社後の明るいイメージを膨らませようとしている人間は、面接官から歓迎されるでしょう。

 
魅力の他にも、仕事のやりがいや喜びを感じる瞬間などを聞くのも良いです。
大変なことや辛かった経験などを聞くというのも悪くはないのですが、
面接官の気分を害してしまう危険もあり、避けた方が無難でしょう。



3. 「一日の仕事の流れについて教えていただけますか?」


 自分が企業の一員となった時、どのように仕事をすることになるのかを問う質問です。
企業それぞれに異なった仕事の流れがあるので、それを事前に知っておくと、
入社後の自分のライフスタイルまで推しはかりやすくなるのです。
具体的な仕事内容を問うことによって、面接官に仕事への意欲が強いことをアピールできます。

 
ただ、ホームページや説明会などで説明されていて知ることができる内容の場合は、
下調べが足らないと悪印象を与えてしまう可能性もあるので注意が必要です。



 以上が、面接で逆質問をする際の定番の質問です。逆質問は、面接の終わりに自分をアピールできる最後のチャンス。
「特にありません」で済ますのではなく、これらの定番の質問を参考にしつつ、
前向きな熱意が伝わるような質問をいくつか用意してから面接に臨むようにしましょう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する