1. エクイティファイナンスによる資金調達とは?

エクイティファイナンスによる資金調達とは?

by kenteegardin
 事業を展開していれば、資金調達が必要になることもあるでしょう。資金調達にも色々な方法があります。今回はその調達方法の一つとして、エクイティファイナンスについてお話をしていこうと思います。



1. そもそもエクイティファイナンスとは?

 エクイティフィナンスとは、金融用語で新株発行を伴う資金調達の事を言います。
企業の株主資本の増加をもたらす資金調達の事で、具体的には時価発行増資や株主割り当て、第三者割当と言った払い込みを伴う増資や、転換社債型新株予約権付社債等、新株予約権付社債の発行を総称する場合に行われます。



 エクイティファイナンスは企業にとっては返済期間を定めない資金調達方法であるという特徴があります。
しかし、投資家から見ると調達した資金が中期的な利益の拡大に貢献する投資に充当されない場合、株主に対して理論的に説明する必要性も出てきます。


 この方法に対し、返済期限の定められた資金調達の方法をデットファイナンスと言います。
一般的に企業のファイナンスにはエクイティファイナンスとデットファイナンスに分かれますが、中間的な存在としてメザニンファイナンスというものもあります。
また、企業が保有する資産を裏付けとして資金調達するアセットファイナンスというものもあります。



 エクイティファイナンスには、直接調達と間接調達があります。
直接調達とは、不特定多数の投資する方から必要な資金を直接集める方法を言い、間接調達では不特定多数人から金融機関などを介して資金を調達します。



2. エクイティファイナンスを活用する

 
エクイティファイナンスは、発行済株式数を増加させ、1株当たりの株式価値を薄める効果もあるため、活用場面には注意が必要です。
株主資本の充実が会社の発展に不可欠な場合や、株主資本の充実が会社の強化に不可欠な場合、資金調達により利益の拡大が見込まれる場合に活用する事がよいでしょう。


 また、エクイティファイナンスを行う場合には、新株や新株予約権、新株予約権付社債等の発行を行うことになるため、会社法の定める手続きを踏む事が必要です。
特に会社法の定める手続き看過してしまえば差し止められる可能性もあります。

 
他にも留意点として、既存の株主の持ち株比率や経済的整合性についての考慮が必要です。
調達した資金において、活用法が曖昧ならば株主から説明が求められる可能性もあるため、きっちりと配慮する必要があります。



 以上が、エクイティファイナンスの説明です。企業における資金調達方法は、エクイティファイナンスのみではありません。それぞれのメリットデメリットを活用しながら総合的な考察が大切になるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する