1. ベンチャー企業が事業拡大のための資金調達に踏み切るときのタイミング

ベンチャー企業が事業拡大のための資金調達に踏み切るときのタイミング

 ベンチャー企業において、これから会社を大きくしていくためには何かと資金が多く必要になってきます。
そのためには、どこかから資金を調達してこないといけません。

 資金はできる限り有効に使って、会社を
効率的に大きくしていきたいと思うのは誰もが思うことでしょう。
そこで、今回はベンチャー企業が資金調達をするべきタイミングについて話していきたいと思います。



新しい事業や拡大のチャンスである時


 やはりベンチャー企業ですから、資金調達をすべきタイミングとしては新しい事業に挑戦するときや事業の拡大を狙うときが
最も資金調達をするタイミングです。
ベンチャー企業がこの商品をこのタイミングで大きく売り出したいと思ったものであれば、他の企業に先を越されないように
できる限り素早く資金を投入することによって、今まで多くのベンチャー企業が新しい価値観やモノやサービスを提供できて騎きたからこそ
今までにない衝撃を市場に与え続けてきたのです。


 もちろん資金の投入までに色々な計画を事前に建てるのでしょうが、そこで計画通りにうまくいかないと思って思いとどまらず
、ある程度見切り発車的なことがあってもこれだと思った時に迷わずそこに資金を投入すべきなのです。



ベンチャー企業に足りないものを補うとき


 ベンチャー企業というものは基本的に、人材・人員・ノウハウなどが足らなくてなかなか会社を回していけないというところが多くあると思います。
そういった時に、自社に足らない部分を補って会社を大きくしたいと思った時こそが資金調達のタイミングです。


 具体的な方法としては、企業買収によって人材やノウハウなどを丸ごと吸収して足りない部分を補うことや
ヘッドハンティング、人材育成に力を注いで自社の人材を育成することなどが考えられます。


 資金繰りの厳しいベンチャー企業では企業買収まではなかなか手は出せないでしょうし、人材育成も時間がかかるのでスピード感が大切なベンチャー企業
という感じはしない面もあります。しかしベンチャー企業といえど常に成長し続けるのは難しく、会社を長期的に運営していくためにはしっかりとした基盤が必要なのです。


 そのため、ベンチャー企業の将来を見据えた戦略として人材の長期的育成や確保をすることも、資金調達をするべきタイミングであると言えるのです。

ベンチャー企業と言っても常に新しいことや前進することを追求するだけでなく、しっかりとした下地があって会社を運営していくことが大事なのです。
資金調達のタイミングはしっかりと判断して行えるようにしましょう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する