1. ビジネス英語の会話で覚えておきたい頻出フレーズ

ビジネス英語の会話で覚えておきたい頻出フレーズ

by Ian Sane
 ビジネスの現場では、現在グローバル化が進んでいるため徐々に英語が必修になってくる場合があります。例えば海外に事業所を設立する、もしくは海外の企業と提携して業務を行うなど考えれば幾らでも英語を活用しなければいけない場面が出てきます。そんな時、英語が出来なければ、会社では不要の存在として首を切られてしまう恐れが出てきます。そこで今回、ビジネスの英語の会話で頻出するから覚えておいた方がいいフレーズについて説明します。

ビジネス上の電話をする場合

 ビジネスの現場では取引先に電話を掛けたり、新規のお客様を獲得するために電話を掛けることがあります。そのためにも英語のフレーズを覚えておく必要があります。まず、誰かに取次ぎをお願いしたいときの表現は、"Hello. May I speak to Mr.取次ぎ相手の名前, please?" と言うように話します。もし不在であった場合に使える表現が "Can I leave a message?" と言って伝言をお願いしたり、"Could you tell 男性もしくは女性 to call me back?" と言って折り返しの電話を催促することできます。こちらが掛けなおす場合には、"I'll call him back later." と言って電話を切るようにしましょう。

 次に電話を受けたときです。取次ぎ相手を呼ぶ際に待ってもらう場合には、"Could you hold on for a moment?" と言います。もしその場に担当者がいて電話に出れない場合には、"I'm sorry. 男性もしくは女性 is not available right now." と話します。

商談の場合

 次に紹介するのが、ビジネスで重要となってくる商談です。まず、こちらから何かを提案するときには、"How about 提案したい事柄 ing?"もしくは、"What if we 提案したい事柄?"というように話すようにしましょう。前者は「提案した事柄をするのはいかがでしょうか」そして、後者は「もし私達がこのようにしたらどうなりますか」と言って提案する方法です。

 次に、回答を先延ばしにする場合です。"I'll need a little more time to think about this."もしくは、"I'd like to consult my superiors before making a decision."と言う様な表現を活用します。前者はもう少し考えたいと言う時に使用できますし、後者の場合は決定する前に一度上司や社長に相談するときによく利用します。

 次に商談の最終段階で話すフレーズです。承諾してもらえたかを確認する場合には、"Let's make sure we agree on these points."決定したことを確認する場合には、"Let's just confirm the details, then."と話します。上記のような会話表現を多数覚えておけば、ビジネスの現場でも使えるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する