1. ゲーミフィケーションを取り入れたウェブサービスとアプリ

ゲーミフィケーションを取り入れたウェブサービスとアプリ

 ゲーミフィケーションは、人間のモチベーションをアップさせる方法として有効になります。
そのため様々な用途や場面にて用いる事ができ、ウェブサービスにゲーミフィケーションを活用いている例も少なくはありません。
ここでは、ウェブサービスにゲーミフィケーションを活用している例について説明していきます。

ロケタッチ

 
ロケタッチは、位置情報を扱うサービスです。
特徴的なゲーミフィケーションの例として、シールの裏という物があります。
各シールにはそれぞれパーマリンクがあり、シールをタップすることでシールが裏返り、裏面を見る事が出来ます。

 
裏面には、ロゴと謎のコメントと謎のコードが書かれてあり、世界観を盛り上げる事が出来ます。
機能的に見ると何の効果もありませんが、ユーザーを楽しませる要素として活用いられています。



楽天ソーシャルニュース


 楽天ソーシャルニュースは、ユーザーがニュースを紹介し、評価をし合うというものです。
良い評価を貰い続ける事で、次第にレベルが上がっていき、レベルが上がるとランクが上がるため他のユーザーの記事を編集できる等の権限が与えられます。
更に、雉が評価されるとメダルを取得することもできます。



計るだけダイエット

 
計るだけダイエットは、毎日決まった時間に体重をはかり、それを記録していくというダイエット方法です。
記録はグラフにして見る事ができ、更に友人の記録を見る事ができるという特性も持ち合わせます。
目標体重が近いライバルがいる事で、よりダイエットの意欲が高まり、効率的にダイエットすることができます。


 記録コメントは、ツイッターにも投稿可能で、毎日投稿することを心に決めておけば、自分のハードルを上げる事により、ダイエットしようとする力が高まる事でしょう。



 ゲーミフィケーションの基本は、動機付けやモチベーションアップです。
ゲーミフィケーションは様々な分野への可能性を持っているため、マーケーティングを筆頭に開発手法やワークスタイル等にも取り入れる事が可能になることでしょう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する