1. 仕事でミスをしても周りの信頼度を下げないための2つの方法

仕事でミスをしても周りの信頼度を下げないための2つの方法

by Ed Yourdon
 仕事中にミスをしないことは大事なことですが、仕事にミスはつきものです。そして、ミスすることはあまり問題ではなく、ミスをしたことにより貴方の信頼が失われてしまうかもしれない、その方が実は大きな問題です。しかし、実は信頼を出来るだけ失わない為に貴方がミスをする前後で出来る事があります。ここでは、方法について述べていきます。

1. 仕事に誠実に取り組む姿を周りに見せる

 仕事に誠実に取り組むことは当たり前ですが、ミスをした時に信頼を失わない為にはその姿勢を出来るだけ周りにアピールすることが大事です。あいさつはハッキリと、雑用を嫌がらず積極的にこなす、愚痴や言い訳を言わない、タスクは期限を守る、ホウレンソウを守る、無断遅刻や無断欠勤をしない、簡単なようで意外と出来ていないこれらのことを真摯に取り組む姿勢を見せるのです。そうすることで、ミスがあったとしても周りは大目に見ようという気持ちになります。

2. ミスは隠さず、すぐに報告する


 ミスをした時に隠そうとするのは問題外ですが、周りに迷惑をかけないよう自分で何とかしようとして抱え込んだ結果、時間だけが過ぎ、報告が遅れてしまった結果、より多くの人がフォローに入らなければなりません。

 そうなってしまうと、隠すつもりが無くてもフォローをすることになった人から見ればあまり印象は良くありません。ミスをした場合は自分で解決するつもりの時でも分かった時点で報告だけは行い、早期解決に努めましょう。



 以上、仕事でミスをしても周りの信頼度を下げないための方法についていくつか述べてみました。出来るだけミスはしたくないものですが、もしもミスをしてしまった時は上記の方法を実践してみて下さい。




U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する