1. 英語で電話応対をする時の簡単なコツ

英語で電話応対をする時の簡単なコツ


 英語のネイティブスピーカーと電話で話していて、相手の言っている会話の内容を理解するのに、とても苦労したことはありませんか?

 英語で電話をすることは、英語がかなり得意であってもとても難しいことです。英語を学ぶ人のほとんどが、電話で相手の言っていることを理解するのが難しいと感じるそうです。どうやったら英語での電話対応が、上手にできるようになるのでしょうか?ここでは、そんな英語での電話応対がすぐ上達する簡単なコツを紹介します。

1. 英語での電話応対の難しさ 

 まずはじめに、なぜこんなにも電話での英語のコミュニケーションがとても難しいのかについて言及していってみましょう。

•ネイティブスピーカーの話すスピードについていけない
•英語の発音がなかなかうまくできない
•話し相手が見えないので、相手の表情が分からず話しにくい

 ここでは、ネイティブスピーカーが、電話で何を話しているかを聞き取れるようになるコツについて考えてみましょう。電話の相手の話がちゃんと理解できるようになれば、英語での電話応対がとても楽になります。

2. 相手に英語をゆっくり話してもらうコツ

 ネイティブスピーカーの人に少しでもゆっくり話してもらったら、相手の話している内容もかなり理解しやすいようになり、英語の電話応対のスキルもかなり上がります。電話で話し始めて、相手の話し方のスピードが速すぎて、上手に聞き取れないなと思ったら、すぐ相手にゆっくり話してくれるように頼んでください。 
 
 そして、相手の言っている重要なポイントをメモする時に、その重要なポイントを自分でも繰り返して言ってみてください。例えば、“Product A, 15 units, by the end of next week, correct?”(商品Aを15個、来週末までですよね?)のように、メモをしながら、相手が言ったことを繰り返して尋ねてみてください。

 このコツは特に効果的で、相手が重要なことを言っている時は、自動的に話すスピードがゆっくりになります。また、自分が間違った情報をメモをしているのが相手に伝わると、正しい情報を繰り返して言ってもらうこともでき、正確な情報伝達へとつながります。

3. 分かった振りをしない

 あなたが相手の言っていることをまだ理解できていないのに、分かった振りをして「分かった。」と決して相手に言わないようにしてください。

 大事な事がしっかり理解できるまで、相手に説明をしてもらうようにしてください。相手もあなたに、話したいことをしっかり理解してもらうのが目的ですから、同じ内容のことを2回聞いたら大抵、話すスピードがゆっくりになり、分かり易い説明をしてくれます。そして、会話の最後に、話した内容をメールで確認したいので、メールを送ると相手に言ってください。大事な情報を書き取ったメモを見直し、短いメールを相手に送り、確実にお互いが言いたかった内容が伝わっているか確認するようにしてください。

 この3つの方法を実践すれば、あなたも英語での電話対応が簡単になること間違いないでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する