1. 伸びるベンチャー企業が持っている共通点

伸びるベンチャー企業が持っている共通点

 個々最近ではIT分野を中心として多くのベンチャー企業が現れてきています。そんなベンチャー企業の中でも、どんどん成長していく企業とあまり伸びなくて
成長が鈍化している企業に分かれてしまいます。

 とても顕著に明暗が分かれてしまうのですが、伸びるベンチャー企業にはどういった共通点があるのでしょうか?
今回は伸びるベンチャーの共通点についてご紹介していきたいと思います。

会社内の理念が確立されており雰囲気も明るい


 成長できるベンチャーは、まず会社の理念や雰囲気がいいことが挙げられます。
つまり、社長自身がどのような目標を持って会社を盛り立てていきたいのかというビジョンと熱意が強いことが共通しています。
どのような理念を持っているのかということを具体的に熱く語れることができるのであれば、部下もその気持ちについてきやすくなります。また、周りからも熱意に共感して行動してくれやすくなりますので、会社の事業に協力してくれるいい循環が生まれてきます。


 社内の雰囲気も、上記のような熱意やこれからどんどん発展させていこうという気持ちが強い部分が出ているものです。
社内全体の雰囲気が明るく、社内が一つの大きな目標に向けて仕事ができているのであれば仕事の効率も格段に違いますし、
これから成長する可能性を感じさせるものがあります。



他にはない強みを生かせている


 既存・新規の業界からの参入であっても、伸びるベンチャーは他にはない新たな強みを活かして事業展開を行なっています。
既存の物にはなかったものやサービスが打ち出して顧客や市場全体が驚くような
モノが出せれば、その会社に投資や消費が集中することから、その会社はその強みによって大きな成長をすることができます。

 
場合によっては、今までなかった新たな顧客を産み出せるようなことができるのも成長させるベンチャーの共通する特徴です。
もちろん、強みの内容によっては時の経過によって、陳腐化して市場から淘汰されてしまう恐れがあります。
しかし、その状況から更なる進化や他社が追い付けないような方法を打ち出していくことができれば、
成長の止まったベンチャーにはならず更なる成長ができるベンチャー企業になるでしょう。

 


以上のようなことが、成長するベンチャー企業に共通する特徴であります。
伸びてるベンチャー企業は常に明るく何かを生み出して前進していくものであり、ベンチャーだけでない様々な企業にも
共通する必要ななことであると思われます。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する