1. 社会人が持っておくと有利な英語の資格

社会人が持っておくと有利な英語の資格

by DinosaursAreNotDead
 社会人が持っておくと有利となる英語の資格について紹介します。
英語の資格には、皆さんもよく知っている実用英語検定、TOEICなどがあります。
これらの資格は、前者では「~級」、後者では「点数」という形で英語のレベルが評価されるのが大きな違いです。

実用英語検定

 「英検」という名で一般的に有名な英語の資格で、文部科学省が後援しています。
この実用英語検定は、毎年年間で230万人もの人が受験しており、一番レベルの高い1級から5級までに分けられ、自分で
どの「級」の試験を受けるかを決めます。検定試験では、受験した「級」に合格か不合格か、という結果のみが通知されます。
意外に知られていないのが、この英検は、アメリカやオーストラリアなどの海外留学時に語学力証明資格として使えるのです。
社会人になってから、何か英語の資格を持っておきたいと考える場合には、この英検の資格も考慮すると良いでしょう。社会人としてアピール出来るのは、「準1級」もしくは、「1級」でしょう。準1級以上の資格を持っておけば、英語が十分出来る人だと思われるはずです。

TOEIC

 TOEICは、実用英語検定のように受験した「級」に合格か不合格かという結果で表わされるのではなく、「点数」という形で評価され、
10点から990点のスコアで評価されます。
英検が日本国内のみの資格であることに対して、TOEICは世界150カ国で実施されている、世界共通の資格だと言えます。
テストは、アメリカにあるETS(Educational Testing Service)によって制作されています。
こちらも実用英語検定と同様に、日本国内では年間で230万人の受験者がおり、主に社会人を中心とした受験者が多いのが特徴となっています。


 社会人が持っておくと有利な英語の資格は、実用英語検定よりもTOEICが良いとされていますが、最近では各企業の人事採用者からTOEICの
スコアが860点もあるのに英語がしゃべれない人が多い、というコメントが新聞やインターネットなどのメディアで紹介されたことがあります。
TOEICでは、リーディングとリスニングの能力しか評価されてないようになっていたことが原因のひとつとされています。
そこで、最近ではTOEIC SWテスト(Sはスピーキング、Wはライティングを表す)が実施されていますので、こちらの資格も取得しておくことをおすすめします。


 社会人が持っておくと有利な英語の資格として、実用英語検定とTOEICを紹介しました。
社会人の英語の資格として大切なのは、使える英語をどれだけ身につけているかということなので、資格取得後も継続した学習を行っていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する