1. 英語が苦手な社会人におすすめ!英語嫌いを克服するための5つの勉強法

英語が苦手な社会人におすすめ!英語嫌いを克服するための5つの勉強法

英語が苦手な社会人におすすめ!英語嫌いを克服するための5つの勉強法 1番目の画像

 社会人の必須スキルとなりつつある「英語」。英語の必要性を感じつつも、英語に対する苦手意識をなくせない人もいるのではないだろうか?

 ちょっとでも英語ができるようになると、英語で話すことは好きになる。自分に合った英語の勉強法さえわかれば、スキルとしての英語を習得するのはあっという間だろう。

 本記事では、英語を苦手とする人のために英語のメリットや勉強法について解説したい。

目次
+ + 英語が苦手な人の特徴とは?
+ + 英語が苦手な社会人に送る! 英語ができるメリットとは
+ + 英語への苦手意識を克服するには
+ + 英語の苦手な社会人におすすめの勉強法
+ + 英語が苦手な社会人の隙間時間を使った勉強法
+ + 英語が苦手な人におすすめの英語教材3選
+ 転職でキャリアアップを目指すなら「マイナビジョブ20's」

    英語が苦手な人の特徴とは?

     勉強法について考える前に、英語を苦手とする人の特徴を見てみよう。

     特徴に当てはまる人は、英語に対する意識を見直してみると、苦手克服へ一歩前進できるはずだ。

    【英語が苦手な人の特徴①】英単語を暗記しようとする

     英語が苦手だと感じる人の多くは、英単語の暗記を苦手とする。

     
数多くの英単語を暗記しないと英語はマスターできないと思い込み、苦手だと感じてしまうのだ。


     その場合、苦手なのは「暗記」であって「英語」ではない。

     暗記が苦手でも、英語を習得することはできるということを覚えておこう。

    【英語が苦手な人の特徴②】日本語に訳そうとする

     英文を日本語に訳そうとしている人は、英語を苦手に感じる場合が多い。

     
「英語を日本語に上手く翻訳できない……」という苦手意識から、英語が苦手だと思っているためだ。

     
実際には、英語学習に日本語を英語に翻訳する作業は必要ない。


     
英語を習得するには、英語のまま考えて話し、聞き、そして書くことが求められる。

     
日本語を介さずに文章を理解するほうが、英語の上達は早いのだ。

    英語が苦手な人の特徴

    • 英単語を暗記しようとする
    • 英文を日本語に訳そうとする

    英語が苦手な社会人に送る! 英語ができるメリットとは

     英語ができれば、社会人としてさまざまな可能性が広がる。

     英語が苦手だと考える人は、英語のメリットを知るとモチベーションに繋がるだろう。

    【英語が苦手な人へ①】キャリアアップにつながる

     英語力がキャリアアップに繋がることは大いにある。

     ビジネスシーンで英語の需要が高まっている影響で、英語力を仕事に活かせるためだ。

     仕事によっては、英語力がキャリアアップにつながることも多い。

     さらに、英語を習得すると年収も上がる傾向にあり、自分の価値を高めることできる。

     英語のスキルが身についていると、社会的にも評価されやすくなる可能性が高まるのだ。

    【英語が苦手な人へ②】転職で有利になる

     英語力は、転職の際も有利になる。

     グローバルな時代の中で、英語スキルのある社会人を必要としている日本企業は多く存在する。

     どの職種でも英語力は通用するため、英語を身につけることで仕事の幅は広がるはずだ。

     転職を考える際は、英語のスキルを持っておくことをおすすめしたい。

    社会人が英語の苦手を克服するメリット

    • キャリアアップにつながる
    • 転職で有利になる

    英語への苦手意識を克服するには

    英語が苦手な社会人におすすめ!英語嫌いを克服するための5つの勉強法 2番目の画像

     英語が重要なのはわかっていても、苦手意識をなくすことは難しいもの。

     苦手を克服するために以下の2点を心がけてみよう。

    【英語の苦手意識をなくす方法①】目標を立てる

     何かを学習する際には、目標を立てることが非常に大切になる。

     英語を学んで何がしたいのか、最終的な目標を考えてみよう。

     「ネイティブの人と難なく会話をする」「TOEIC900点以上とる」「海外に駐在する」など、どんなものでも問題ない。

     目標を達成している自分を想像しながら、勉強に励むとモチベーションも上がるだろう。

    【英語の苦手意識をなくす方法②】英語に慣れる

     「英語が苦手」という人のほとんどは自分の英語スキルに自信がないことが多い。

     そこで、まず英語を聞いて慣れることから始めるといいだろう。

     英語で映画を見てみたり、洋楽を聴いてみたり、自分なりに楽しめる方法で英語に触れてみてほしい。

     英語に触れる機会が増えれば増えるほど、英語に対する嫌悪感も薄れるはずだ。

    【英語の苦手意識をなくす方法③】「英語脳」を作る

     普段から英語で物事を考え、「英語脳」を作ることも苦手克服の手だ。

     頭に浮かんだ日本語の文を、英語にすることから始めよう。

     英語で考える作業を繰り返すことで、翻訳作業を介さずに、自然と言いたい文章が英語で考えられるようになる。

     英語に対するアレルギーもなくなるはずだ。

    英語の苦手意識を克服する方法

    • 目標を立てる
    • 英語に慣れる
    • 「英語脳」を作る


    英語の苦手な社会人におすすめの勉強法

     英語を苦手と感じる理由や克服方法がわかったら、次は実際に勉強方法について見ていきたい。 

    【英語の苦手克服勉強法①】文法から学ぶ

     社会人が英語を1から学び直す際は、英語の文法から始めることをおすすめしたい。

     
英語を聞き、話し、読みそして書くには、英語の文法を知らないと難しい。

     
文法を押さえることで、英語の全てのスキルを向上させることが可能になるともいえる。

     
自分の今の英語レベルに合わせて、文法を学び直しをしてみよう。


     学んだ文法をすぐに文章や会話に使うと知識の定着も早くなるため、ぜひ実践してもらいたい。

    【英語の苦手克服勉強法②】単語帳を上手に使う

     英語を学ぶ際に、単語帳を使う人がほとんどだろう。

     単語帳を複数所持している人もいるかもしれないが、勉強に必要な単語帳は1冊のみで十分だ。

     単語帳の使い方としては、最初は派生語や類義語は飛ばし、見出し語のみを覚えるのがベスト。

     また、始めは書いて覚えることは避け、目で1周読み、2周以降で分からなかった単語を書いて覚える手順が有効である。

     大体覚えてきたと感じたら、関連語を含めて覚えていこう。

    【英語の苦手克服勉強法③】ノートを工夫する

     単語をノートにまとめる際も、工夫をすることをおすすめしたい。ノートを3冊以上用意するものだ。

     1冊目は「書いたもの」。2冊目は「覚えたもの」。そして3冊目は「覚えられなかったもの」を書く。

     1冊目はただただ書くノートで、2冊目と3冊目に覚えたか覚えられなかったかで分けるのだ。

     復習する際には、3冊目から入り、余裕があるときは2冊目にも目を通すといいだろう。

    【英語の苦手克服勉強法④】専門分野の英語を極める

     専門分野を持つ人は、経済や金融、マーケティングなど、その専門分野の英語を覚えるのもいいだろう。

     専門書を英語で読むことで、難しい専門用語も合わせて学ぶことができる。

     専門分野の英語が長けていれば、職場でも大いに活用できるはずだ。

    【英語の苦手克服勉強法⑤】楽しく学ぶ

     英語を苦手と感じる人のほとんどが、英語習得に対して憂鬱な気分になるだろう。

     勉強方法を工夫をするだけで、英語習得は楽しくなるはずだ。

     音楽が好きであれば洋楽をたくさん聴こう。歌詞に見ながら聞くことで、頭に自然と入ってくる。

     映画が好きであれば、洋画を英語で見よう。最初は日本語の字幕付きで構わないが、慣れてきたら英語字幕、そして字幕なしに挑戦したい。

    英語の苦手を克服する勉強方法

    • 文法から学ぶ
    • 単語帳を上手に使う
    • ノートを工夫する
    • 専門分野の英語を極める
    • 楽しく学ぶ

    英語が苦手な社会人の隙間時間を使った勉強法

     忙しい社会人にとって、英語の勉強に時間を用意することは難しいだろう。

     ちょっとした隙間時間を使って、英語力をあげることもできるので、安心して欲しい。以下の方法を試してみよう。

    【隙間時間を使った英語苦手克服法①】通勤時間を使う

     通勤時間は、英語学習に最適である。

     電車やバスなど、乗り物の中は集中力が保たれ、頭に入ってくるためだ。

     単語帳やノートを見直したり、英語の本や新聞を読んだり、英語の音声を聞くなど、何でもいいのでできることを考えよう。

     ぼーっと立ちながら英文を考えるだけでも、十分勉強になるのでおすすめだ。

    【隙間時間を使った英語苦手克服法②】常に英文を考える

     日頃から「英語脳」にすることを心がけるのも、隙間時間で英語勉強する方法の一つである。

     「これは英語でどう言うんだろう」と考える癖をつけ、単語が思い浮かばなかったら調べるなどして、常に英文を考えよう。

     他にも、「I'm heading to the office(オフィスに向かっている)」など自分の行動を心の中で英文にしてみるのもいいだろう。

     好奇心旺盛に、分からないことはどんどん調べる。そういった姿勢が大切なのだ。

    隙間時間を使って英語の苦手克服方法

    • 通勤時間を使う
    • 常に英文を考える

    英語が苦手な人におすすめの英語教材3選

     英語を勉強してもなかなか伸びないという人は、使っている教材が合っていない可能性がある。

     以下に英語習得におすすめの教材を紹介しよう。

    【英語が苦手な人におすすめ教材①】NHK ラジオ 入門ビジネス英語

    英語が苦手な社会人におすすめ!英語嫌いを克服するための5つの勉強法 3番目の画像
    出典:amzn.to

     月刊誌となっていて、ラジオ講座に対応しているのが「NHK ラジオ 入門ビジネス英語」。

     初心者向きのテキストとなっており、実際にビジネスで使える英語がたくさん掲載されている。

     音声を聞きながら、本で学習を進めることができるため効果的だ。

    【英語が苦手な人におすすめ教材②】もし海外出張まで、あと1カ月しかなかったら!? ビジネス英語4週間集中プログラム―――会話、リスニング、文法を一気に学ぶ!

    英語が苦手な社会人におすすめ!英語嫌いを克服するための5つの勉強法 4番目の画像
    出典:amzn.to

     ビジネス英語のエッセンスを1冊に凝縮したこちらの教材は、1冊をじっくりと読み込むことで学ぶことができる本だ。

     海外出張まで、わずかな期間しかなかったら……というシチュエーションで学べる。

     海外出張まで猶予があったとしても、しっかりと学ぶためには有効な本だろう。

    【英語が苦手な人におすすめ教材③】大前研一の今日から使える英語

    英語が苦手な社会人におすすめ!英語嫌いを克服するための5つの勉強法 5番目の画像
    出典:amzn.to

     コンサルティング業のスペシャリストとしても有名な大前研一さんが監修しているこちらの教材。

     中身はビジネスですぐに使える英語のノウハウやフレーズが満載となっている。

     名前負けしていない実力派の本といえるだろう。


     本記事では、英語を苦手とする人のために、克服方法と勉強方法について紹介してきた。

     英語はすぐにできるようにはならないが、努力すればするだけ伸びるので、是非本記事を参考に頑張って欲しい。

    転職でキャリアアップを目指すなら「マイナビジョブ20's」

    英語が苦手な社会人におすすめ!英語嫌いを克服するための5つの勉強法 6番目の画像

     20代のうちにキャリアを形成の地盤を固めることは重要だ。

     英語などのスキルアップだけでなく、特に若手のうちは仕事を変えて新しい職種に挑戦するチャンスもある。

     「マイナビジョブ20's」は、そんな大きな可能性を持つ20代に特化した転職サイトだ。

     取り扱う求人のすべてが20代専門であり、未経験歓迎の求人も多く異業種に挑戦しやすい。

     また、20代転職に精通したキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進めることができるので、初めての転職でも安心だ。

     職を変えることでキャリアアップを狙いたい人は、「マイナビジョブ20's」に登録して相談してみよう。


    U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
    この記事を報告する