1. 英語を使って日常会話ができるようになるための練習方法

英語を使って日常会話ができるようになるための練習方法

by papalars
 英語を駆使して世界をまたに駆けて、ビジネスで大活躍するというような壮大な夢はなくても、英語で日常会話ができたら、今よりもほんの少し楽しい気分になるのではないかと漠然と考えている日本人は多いと思います。ビジネスや英語の資格のテストのためではなく、英語の日常会話だけで満足できるというのであれば、その願いを現実にすることは実は、意外と簡単であると言えます。簡単に英語で日常会話を習得するための練習方法を挙げていきます。

自己紹介と天気の話題を使う

 英語で日常会話を覚える上で一番先に練習するのは、自己紹介です。自分の名前、出身地、趣味、家族構成、好きな食べ物、最近はまっていることなど、初めて会って、お友達になりたいと思った人に伝えたいことをあらかじめ書いておきましょう。

 次に練習するのは天気の表現についてです。海外の英語圏の国々では天気の話で朝始まって、夜寝る時に天気の話で終わるというぐらい、天気の話題が良く話されることがあります。それと、あまり、会話が弾まない相手との会話には天気の話が良いでしょう。会話において、相手との共通の事柄に関して話すのが話が弾む方法です。天気の話は誰とでも共通の話題に成り得るので、天気の言い方の練習をしましょう。

「今日はいい天気ですね。」(It's nice weather today isn't it?)
「雨が降りそうですね。」(It looks like it is going to rain.)
「今日は寒いですね。」(It's cold today.)
「明日は台風がくるらしいですよ。」(It looks like we're going to have a typhoon tomorrow.)
「明日は晴れるといいですね。」(I hope it's sunny tomorrow.)

 などの表現を英語で言えるように練習しておきましょう。

自分の日常で使う英語を覚える

 自分が必要とする日常会話をまずは日本語で箇条書きにしてみましょう。

これはいくらですか。(How much is this?)
その魚をください。(Could I have the fish please?)
豚肉を100グラムください。(Could I have 100 grams of pork please?)
ビックマックのセットをください。(Could I have a Big Mac combo please?)
ここで食べます。( I'll eat it here.)

 などというように、自分が日常で必要だと思う文章を考えたら、次に、これを英語に直して何度も繰り返し言う練習をしましょう。練習をする際は、英語の単語をただ読むだけではなくて、きちんとその状況を想像して、その状況だと仮定して、その英語を口から発する練習をしましょう。

日本語を挟まずに英語だけで考える

 英語で自分の日常の必要な事が言えるようになったら、ほぼ、英語での日常会話はできているようなものです。しかし、会話というのは一方通行ではなく、相手がいて初めてできるものです。必要なことが言えるようになった次のステップでは、英語を瞬間的に口から出す練習をしましょう。そのためには英語で物を考えるという練習が必要になってきます。なるべく日本語を介さずに英語を口から発する練習をしましょう。英語の日常会話を楽しく覚える練習として、映画のDVDを使うのもよいでしょう。英語の字幕が出るDVDを何度も停止したりしながら、英語を聞いて、その英語をリピートするという練習をすると、驚くほど英会話が上達するので、映画が好きな人はぜひ、やってみてください。その際、好きなハリウッド俳優や女優が出てる映画でやると、もっと楽しく日常会話の練習をする事ができるのでおすすめです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する