1. 面接においての自己PRをする時の言い方と気をつけるべき点

面接においての自己PRをする時の言い方と気をつけるべき点

 就職活動・転職活動をする中で行われる面接は、合否をもっとも左右するとても重要な場面になります。そのため面接を受ける際は、面接時に質問されるであろう質問の返答内容にとても悩まされる事でしょう。

 中でも苦手だと言う人が多いのが、自己PRです。自分の長所や企業に自分がどれだけ貢献できるかという事をアピールするというのは、やはりとても難しいものです。自己PRは自分の良い部分を企業に知ってもらう場ですから、言い方にも慎重にならなければいけません。

エピソードを交えて話す

 自分の長所というのは他人からの評価であるものなので、自分で自分の長所を言うというのはとても難しいのです。そのため、長所を自己PRに取り入れる場合は自意識過剰と取られてしまわないように言い方にも注意を払った方が良いでしょう。

 長所で良く言われるのが例えば「社交的」「責任感」「真面目」などですが、自己PRではこういった言葉を使った言い方はあまりしない方が良いでしょう。こういった長所の内容を話す場合は、周囲から感謝された事など「社交的」「責任感」「真面目」などに通ずるエピソードを簡単に話す事をオススメします。

 漠然と「私は社交的です。」と言われるよりも、友人から言われた事や出来事を話す方が現実味があり納得できることでしょう。ここで気をつけたいのは、エピソードをだらだらと長く話してはいけないという事です。事前に簡単にまとめた言い方を考えておくと良いでしょう。

自慢話はすべきではない

 考えた自己PRを読み返してみると、自慢話にはなっていないでしょうか。自分を良く見せたい、良い部分を言いたいと意識し過ぎてしまい、学生時代のエピソードを盛り込み過ぎてしまうとそれはただの自慢話になってしまいます。

 確かに自己PRは自分をアピールする場なので、自分の良い部分をアピールする言い方は間違いではありません。しかし1度冷静に「面接官は自分の何に興味があるか」を考えてみましょう。現在の自分を説明するために学生時代にあった出来事を多少入れる事は良いですが、基本的に面接官が知りたいのは「現在の自分」です。

 「将来この会社で活躍する人材かどうか」という部分なのです。「現在の自分」がどういう人間か、そしてこういう自分が会社に入って将来やりたいと思う事や、活躍できるであろう事をアピールしましょう。自己PRは言い方や言い回しひとつで印象がとても変わりやすいです。面接官が何を求めているかを考えながら、適切な自己PRをするようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する